赤ちゃんの気になることや症状

新生児のゲップが出ない!赤ちゃんが苦しそうなときの注意点と対処法

更新日:

新生児のうちはゲップが上手に出ない・・・どうしたらいいの?と悩んでしまうこともありますよね。

「うちの子もよく吐いて、大変だったのよ。」

そういった先輩ママさんの話も耳にしますが、赤ちゃんがゲップが出ないで何度も吐いて苦しそうにしていると、とても心配になるものです。

特に初めてのお子さんの場合は、苦労されているママさんもいるのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • 新生児がゲップが出ないと吐いてしまうのはなぜ?
  • 新生児のげっぷが出ないときの対処法と注意点
  • 新生児の吐き戻すときに考えられる病気

についても詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

新生児はゲップが出ないとどうして吐くの?

新生児は、まだゲップが上手に出せない赤ちゃんが多いですよね。

ゲップが出ないとたまった空気を外に出そうとするので、そのとき一緒にミルクや母乳も吐き出してしまうのです。

新生児の胃は入り口が緩く開いているため、簡単に胃の中の物が飛び出してしまいます。

すぐに吐いてしまうのは、新生児期の胃の形状が関係しているのです。

赤ちゃんの吐き戻しは、胃の形状が変わって腹筋がつき始める生後3ヵ月ぐらいまで続くと言われています。

それまでは赤ちゃんのゲップが上手に出せるように、ママがしっかり手助けしてあげましょう。

 

ミルクや母乳の飲ませ過ぎで吐き戻すことも

新生児は母乳やミルクの飲み過ぎでも、ゲップと一緒に吐いてしまうことがあります。

ひどいときは授乳のたびに、吐いてしまうことも珍しくありません。

赤ちゃんが泣いていると、まだ飲み足りないのかな?と思って、もっと飲ませてしまうことがありますよね。

でも、実はミルクや母乳の飲みすぎが原因で、赤ちゃんが吐き戻している場合もあります。

飲ませすぎてしまうと、どうしても飲み込んだ空気を押し出そうとするので、吐き戻すことも多くなります。

新生児は満腹中枢が未熟で、お腹がいっぱいでも飲んでしまうので飲ませ過ぎにも注意が必要ですね。

参考記事 ➡新生児が母乳の飲みすぎで泣いてしまう!過飲症候群とは?

 

新生児のゲップが出ないときの対処法は?

新生児のゲップが出ないときの対処法をご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

授乳の途中に一度ゲップさせる

新生児は授乳中に寝てしまうことも多いですよね。

授乳が終わってからゲップを出させようと、思ってもなかなか上手くいきませんね。

新生児が一度寝てしまうと、なかなかゲップを出すことは難しいだけでなく、吐き戻しも多くなるので授乳の途中で一度ゲップさせるといいですね。

そうすることで、その後もスムーズに飲めるようになるだけでなく、たとえそのまま寝ても吐き戻すことが少なくなります。

いつも飲みながら、そのまま寝てしまう赤ちゃんにはおすすめです。

 

ゲップがなかなか出ないときは一度寝かせる

授乳の後は縦抱きにするか、ママのひざに赤ちゃんを座らせてゲップを出させることが多いかと思います。

それでも、いつまでたってもゲップが出ない・・・

そんなときは、一度赤ちゃんを横向きに寝かせてみましょう

赤ちゃんの体の右側を下にして、背中をゆっくり下から上へさすってみてあげてください。

その後、もう一度縦抱きに抱っこをするとゲップがスムーズに出ることがあります。

スポンサーリンク

 

ゲップが出ないまま寝かせるときの2つの注意点

どうしても、赤ちゃんのゲップが出ないときもあると思います。

そういった場合は赤ちゃんを寝かせて様子を見ますが、ゲップが出ていないと吐き戻す確率が高いので、次の2つの点に注意しましょう。

注意点1.体の右側を下にして横向きに寝かす

赤ちゃんがゲップを出さずに寝てしまった場合は、必ず右側を下にして横向きに寝かせましょう

こうすると、吐き戻しで赤ちゃんの気道がふさがることが予防できるので安心です。

横向きで寝かせるときは、赤ちゃんの背中側に丸めたバスタオルなど入れて、顔だけでなく体ごと横に向けてくださいね。

 

注意点2.赤ちゃんの上体を起こしてあげる

赤ちゃんのゲップが出ないまま仰向けに寝かせると、吐き戻したときに嘔吐物が詰まることもあります。

上体を少し起こすように、吐き戻し防止枕を使ってゆるやかな傾斜をつけるか、授乳クッションでしばらく寝かせて様子を見ましょう

このときも、赤ちゃんの体を少し横向き(右側を下にする)にしてあげてくださいね。

 

新生児のゲップが出ない、吐き戻すときに考えられる病気とは?

新生児がゲップが出ないで嘔吐することはよくあることで、順調に体重が増えて他に深刻な症状がない限り、あまり心配する必要はありません。

ですが、ミルクや母乳の吐く量が多い場合や、吐き戻しの回数が1日の哺乳回数の半分以上になるような場合は何か病気を疑う必要があります。

そこで、新生児がゲップが出ない以外に、大量に嘔吐を繰り返すなどの症状がある場合に疑われる3つの病気についてご紹介します。

 

1.  胃軸捻転症(いじくねんてんしょう)

胃軸捻転症は胃がねじれることで食道を圧迫し、授乳後のゲップが出せなくなります。

慢性の胃軸捻転症は新生児や乳児に見られますが、成長に伴って自然に治っていく場合がほとんどです。

症状はゲップが出ない、嘔吐をくりかえす、お腹が張る、頻繁におならが出るなどが現れます。

胃軸捻転症になると赤ちゃんは寝かすと苦しくなるため、一日中ぐずって不機嫌になったり夜泣きの原因になったりすることもあります。

急性の場合は嘔吐や強い腹痛やお腹の張りがあり、合併症を起こすと手術が必要になります。

ただし、このように手術が必要になることは、ほとんどないので心配しすぎないでくださいね。

 

2.  肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)

肥厚性幽門狭窄症は、胃の出口(幽門)の筋肉が一時的に分厚くなって胃や十二指腸への流れが悪くなるために起こる病気です。

生後2週間くらいから発症することが多く、授乳のたびに嘔吐を繰り返し、やがて噴水状に大量に吐いてしまいます。

吐き戻した後でも、赤ちゃんは空腹感のためにさらにミルクを欲しがります。

症状が軽いうちは普通の吐き戻しと見分けがつきにくいですが、授乳のたびに噴水のように吐き戻す、吐物に黒っぽいものが混じるようならすぐに病院を受診してください。

ミルクの吐き戻しがひどいため、水分や栄養をしっかりとれずに体重減少、脱水症状、黄疸などの危険な状態を引き起こす場合もあります。

 

3.  胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)

新生児の胃食道逆流症は、食道や胃の発達が未熟なことが原因なので、成長とともに治ることがほとんどです。

新生児によく見られるミルクや母乳をダラダラ吐く、噴水のように吐くなどの症状は、胃の形状から逆流現象が起こりやすいことが原因です。

赤ちゃんを横向きの体勢まま授乳したり、授乳した後すぐに寝かせたりすることも逆流の原因になるので注意してくださいね。

吐き戻しの回数が多くて気になる赤ちゃんは、一度、小児科医に相談するようにしましょう。

 

まとめ

赤ちゃんのゲップが出ない、飲んでもすぐに吐いてしまうなどの悩みは新生児期のママさんの多くが抱えている悩みです。

ですが、こういった悩みは赤ちゃんの成長とともに自然と解決することが多いものです。

もちろん、赤ちゃんの様子がおかしいときや、気になる点がある場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

生後3ヶ月くらいになれば、ゲップが上手にできるようになって吐き戻しも少なくなります。

あまり心配しすぎないようにして、ママと赤ちゃんに合った対処法を見つけてくださいね。

 

-赤ちゃんの気になることや症状

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.