夜泣き・寝かしつけ

赤ちゃんの就寝時間の理想は?寝る時間が遅いとどんな影響がある?

更新日:

赤ちゃんの寝る時間が遅すぎるのではと、気になったことはありませんか?

親の生活リズムに合わせて、いつの間にか赤ちゃんを寝かせつけるのが遅くなってしまうことはよくあります。

睡眠の乱れは、脳の発達にも影響を及ぼすと言われているので、できるだけ早寝早起きの習慣をつけさせたいものです。

では、赤ちゃんはいったい何時ごろ寝かしつけたらいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 睡眠リズムが整う時期
  • 赤ちゃんの理想の就寝時間
  • 寝る時間が遅いとどんな影響があるのか
  • 赤ちゃんの就寝時間を早めるコツ

についてもご紹介します。

スポンサーリンク

 

睡眠リズムが整ってくるのはいつから?

生後1~2ヶ月頃までは、赤ちゃんの睡眠と覚醒のリズムがまだできていないので、睡眠時間も定まりません。

生後3ヶ月頃になると、赤ちゃんもだんだん昼と夜の区別がつくようになってきます。

この頃から少しずつ、睡眠のリズムができるように赤ちゃんの生活環境を整えてあげるようにしましょう。

たとえば、朝日を浴びたり、夜は部屋の明かりを早めに暗くしたりなど基本的なことから始めるといいですね。

安定した睡眠リズムが作られるようになるのは、生後6ヶ月頃からなので、あまり早い時期から就寝時間を気にしても上手くいきません。

それまでは準備段階だと考えて、ママものんびり構えてくださいね。

 

赤ちゃんの就寝時間は何時が理想?

赤ちゃんの就寝時間は、20時(遅くても21時)くらいが理想と言われています。

早い時期から赤ちゃんの睡眠のリズムが整ってくるのが理想ですが、実際にはなかなか思うようにいかないことが多いです。

なかには、生後2ヶ月頃でも夜ぐっすり寝てくれる、うらやましい赤ちゃんもいますが…

月齢が低いうちは、就寝時間を決めてもなかなか難しいですね。

赤ちゃんの睡眠時間にはすごく個人差がありますが、夜の睡眠時間が長くなってくるのが生後3~4ヶ月頃からです。

この頃から、理想の就寝時間にだんだん近づくように、1日の生活のリズムを調整していくといいですね。

お昼寝の時間帯や長さにもよりますが、夜20時くらいに寝かせるためには少しづつ早起きさせて、赤ちゃんの睡眠リズムを整えていきましょう。

 

赤ちゃんの就寝時間が遅いときは体内時計をリセット

夜遅くなっても赤ちゃんが寝つけない場合は、朝起きる時間を見直してみましょう。

もしかしたら、朝遅くまで寝かせているなんてことはありませんか?

私たちの体は、体内時計によって朝起きて、夜寝るという基本的な生活リズムが作られています。

この体内時計は24時間より少し長い周期で動いているので、起きる時間や寝る時間が少しずつ遅れてしまいます。

赤ちゃんも朝日を浴びずにいると、夜眠たくなる時間が少しずつズレてしまうのです。

ですから、夜なかなか寝てくれない赤ちゃんは、朝日を浴びて体内時計をリセットしてあげることが大切ですね。

赤ちゃんの体内時計の乱れは夜泣きの原因にもなるので、毎朝、日の光を浴びてリセットしてあげましょう。

スポンサーリンク

 

遅くまで起きている子にさまざまな弊害が!

最近の子供の、就寝時間が遅くなっているのをご存知ですか?

日本小児保健協会が1980年から10年ごとに実施している、「2010年度幼児健康度調査」によると、22時以降に寝る2歳児は35%という結果に。

実に、2歳児の3人に1人が22時まで起きているということです。

子供たちが、だんだん夜型になりつつあることに、ちょっと驚いてしまいますね。

ママもパパも毎日忙しくて大変ですが、子供の健康や発達に大きな影響を及ぼす睡眠はできるだけしっかりとらせたいですね。

睡眠不足は、睡眠中に分泌される成長ホルモンが不足してしまうので、赤ちゃんの体や脳の発達にも悪影響を及ぼします。

 

たとえば、睡眠不足が続くと、

  • イライラしたり、情緒が不安定になる。
  • 落ち着きがなくなる。
  • 疲れがとれず、午前中元気がない。
  • 免疫力が低下する。
  • 体の成長を妨げる。(身長の伸びにも影響する)
  • 睡眠中の記憶の定着を妨げる。(子供の学習低下につながる)
  • 記憶をつかさどる海馬の成長を妨げる(子供の記憶力に影響)

※東北大学加齢医学研究所の研究グループによって、睡眠時間が長い子供は、睡眠時間の短い子に比べて脳の記憶をつかさどる海馬」の体積が大きいことが明らかにされています。

 

 

赤ちゃんの就寝時間を早くするコツ

赤ちゃんを朝遅くまで寝かせておくと、就寝時間がどうしても遅くなりますよね。

理想の就寝時間に近づけるためには、朝は7時くらい(遅くても8時)までに、赤ちゃんを起こすようにしましょう。

生後5~6ヶ月頃になると、比較的スムーズに赤ちゃんの睡眠リズムを整えることができるようになります。

小さい頃から早寝早起きの子は、大きくなっても規則正しい生活を送ることが多いので、ママも赤ちゃんも無理のない方法で少しずつ睡眠リズムを整えていきたいですね。

赤ちゃんの早寝早起きのコツをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

赤ちゃんを早寝早起きさせるコツ

  • 朝起こす時間を少しずつ早めて、早起きに慣れさせる。
  • 朝7時までに起こす。(遅くても8時)
  • カーテンを開けて朝日を浴び、体内時計をリセットする。
  • 午前中は活動的に動く。
  • 夕寝を控える。(17時以降はなるべく控える)
  • お風呂は夕方までに済ませる。
  • 寝る時は、光と音をシャットアウトする。
  • 夜は20時までにお布団に入る。
  • 安心して寝つけるように、しっかりスキンシップを測る。
  • 就寝前はできるだけ静かに過ごす。
  • 寝る前の流れを決めて赤ちゃんに覚えさせる。(例えば、お風呂→絵本→ミルク→就寝のように)

 

まとめ

今回は、赤ちゃんの理想の就寝時間についてご紹介しました。

子供が大きくなってから生活リズムを変えるのは大変ですが、赤ちゃんのうちは少しママが頑張れば、比較的簡単に習慣化することができます。

赤ちゃんのお昼寝や入浴、離乳食など、それぞれの時間帯を見直しながら、ゆっくり生活リズムを変えていくようにしましょう。

夜泣きが始まったりすると、なかなか思うように寝かしつけができないこともありますが、あきらめずに根気よく続けてくださいね。

赤ちゃんのうちから早寝早起きの習慣がつくと、きっとこの先の育児がすごく楽になりますよ。

 

-夜泣き・寝かしつけ

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.