赤ちゃんの気になることや症状

赤ちゃんの首がただれて赤いのはなぜ?対処法と病院に行く目安について!

更新日:

赤ちゃんも生後2~3ヶ月くらいから肉付きがよくなってきます。

この頃になると、赤ちゃんの首のしわをめくって見ると、ただれて赤い・・・

いつの間にか、ジュクジュクしてしまうこともありますよね。

「キレイに洗っているつもりなのに・・・」

「もしかして、擦りすぎ?」

いろいろ気になってしまいますが、赤ちゃんの首が赤くならないようにするにはどんなお手入れ方法がいいのでしょうか。

赤ちゃんの皮膚は弱いので、間違ったケア方法は皮膚トラブルや皮膚疾患につながってしまいます。

そこで今回は、赤ちゃんの首がただれて赤い原因と対処法、病院に行く目安について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの首がただれて赤くなる原因は?

いくら気を付けていても赤ちゃんの首の周りはすぐに赤くなってしまいますよね。

赤ちゃんの首がすぐにただれて赤くなるのは、赤ちゃんと大人とでは同じ皮膚なのに、実は全然違うからです。

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、外からの刺激を受けやすい

赤ちゃんの皮膚はデリケートでとても薄く、大人の半分くらいの厚さしかありません。

ですから、擦られるような刺激にはとても弱く傷つきやすいのです。

それに加え、皮脂膜の形成が十分されていない赤ちゃんの肌は乾燥しやすくとても敏感になっているので、ちょっとした刺激でも肌トラブルに結びついてしまうのです。

赤ちゃんの肌はみずみずしく見えますが、とてもデリケートです。

外部の刺激にとても弱く、汗やよだれ、涙、ミルクなどの吐き戻しなども赤みやただれの原因になってしまいます

他にも、首の汚れを気にして、拭きすぎてしまうこともかえって肌を刺激してしまいただれを悪化させてしまうこともあります。

 

赤ちゃんの肌は中性に近く細菌が繁殖しやすい

大人の肌は弱酸性に保たれているので、外部からの刺激や雑菌の繁殖を防いでくれます。

ところが、赤ちゃんの肌は弱酸性ではなく中性に近いので、とても細菌などが繁殖しやすい環境にあるんですね。

さらに、赤ちゃんは大人と比べて肌の生まれ変わりも盛んなので、汗や皮脂の混じった垢もたまりやすいのです。

首のしわは汗や皮脂の混じった垢などもたまりやすい場所なので、細菌が繁殖しやすく、肌が赤くなったりただれてしまうことも多いのです

 

赤ちゃんは大人の2~3倍の汗をかく!

大人は寝ているとき、コップ1杯ぐらいの汗をかくと言われていますよね。

実は、赤ちゃんは大人と同じ数の汗腺があるので、大人の2~3倍の汗をかくと言われています。

表面積の小さい赤ちゃんが、大人と同じだけ汗腺があって汗をかいているのですから・・・

寝て起きたら、赤ちゃんの布団が汗でびっしょりになっているのも、うなずけますね。

もちろん、赤ちゃんの首のしわも汗がたまりやすいので、汗をかいたままにしていると細菌も増え、あせもやただれなどの原因になりやすいのです

 

赤ちゃんの首がただれて赤いときの対処法は?

赤ちゃんの首が赤くただれている時は、まずは「清潔に保つこと」と「乾燥させること」が大切です。

お風呂のときベビー石鹸を使って、あごの下のシワを指で広げてやさしく洗い流してあげましょう。

このとき擦らないように、すすぐ程度にしておいてくださいね。

洗った後は、首のしわを広げて水分をふき取って乾燥させるようにしましょう。

また、赤ちゃんの首が赤くただれているときに、

  • よだれ
  • ミルクや母乳の飲みこぼし
  • ミルクや母乳の吐き戻し
  • 汗や皮脂汚れ

などは、症状をさらに悪化させてしまいます。

ですので、授乳後は一日に何度か赤ちゃんの首のしわを広げてきれいにしてくださいね。

脱脂綿をぬるま湯に浸して、首の下のしわを広げて軽くポンポン叩く感じで、拭いてあげるようにしましょう。

水分を取ったら、後はフーフー息を吹きかけて乾かしてあげるといいですよ。

うちの子は吐き戻すことが多かったので、授乳中はもちろん、授乳後もしばらくはガーゼを首に当てて汚れないようにしていました。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの首が赤いときの病院に行く目安

赤ちゃんの首が少し赤いときや、ただれている程度が軽い場合は、上記の方法で肌を清潔にすることで治ることが多いです。

ですが、赤ちゃんの首の赤みやただれがひどい場合や、なかなか治らない場合は細菌感染を起こしていることも考えられます

赤ちゃんの首に下記の症状が見られる場合は、早めに小児科か皮膚科で診てもらうようにしましょう。

  • じゅくじゅくしている。
  • 黄色い汁が出る。
  • 膿が出る。
  • くさい臭いがする。
  • 皮がめくれている。
  • 赤く細かいブツブツがたくさんある。

 

また、赤ちゃんの首の皮膚が赤いのは、ただのかぶれだと思っていたら実は「カンジダ」というカビが原因だったということもあります。

「あせも」のような赤いブツブツがたくさんでて、ただれているときはカビ(真菌)が原因の「皮膚カンジダ症」に感染している可能性もあります

皮膚カンジダ症は皮膚に常在しているカンジダ菌が増殖して発症するもので、首周りやオムツの中など、皮膚が蒸れる部分に発症しやすいのが特徴です。

赤ちゃんの首回りの赤みやかぶれがひどい場合は、自己判断せず、症状がひどくならないうちに病院を受診するようにしてくださいね。

 

赤ちゃんの首回りのお手入れ方法は?

赤ちゃんの首の赤みやただれは、いったんきれいに治ってもまたすぐに赤くなってしまうことがよくあります。

赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟で、とてもデリケート。

肌トラブルが起きないように、普段からお手入れをしっかりするように心がけたいですね。

赤ちゃんの首が赤くなってただれたりしないように、普段のお手入れ方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

  • お風呂でベビー石鹸を使ってやさしく洗う。(首のしわやくびれを伸ばすように)
  • お風呂上がりはしっかり乾かした後、保湿クリームなどでしっかり保湿をする。
  • スキンケアグッズは無添加で低刺激のものを選ぶ。
  • よだれや、飲みこぼし、汗などの汚れをこまめに拭いて清潔に保つ
  • 首のしわを広げて、ときどき空気に触れさせて乾燥させる。(フーフーなど)
  • ベビーパウダーは汗腺をつまらせたり、パウダーが汗と混ざり細菌やカビの繁殖の原因になると言われているので使わないほうが無難

 

まとめ

赤ちゃんの首回りが赤くなったり、ただれたりすることは、症状の違いはありますが多くの赤ちゃんが経験します。

ただれが治ったり、ひどくなったりを繰り返すことが多いですが、赤ちゃんの首がすわって上を向くようになってくると自然に治ってくるので心配しないでくださいね。

赤ちゃんはかゆくても、痛くてもうまく伝えることができないので、気になる症状があれば早めに小児科か皮膚科を受診するようにしましょう。

一度、お薬をもらっておくと、また首が赤くなった時に使えるので安心ですね。

 

-赤ちゃんの気になることや症状

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.