成長と発達

赤ちゃんの歯が生えない!生える時期と歯医者に行く目安は?

更新日:

赤ちゃんの歯の生え始めが遅いと、どうしても気になりますよね。

「1歳過ぎても歯が1本も生えていない。」

「下の歯が2本生えたけど、その後全然生えてこない。」

など、赤ちゃんの歯が生えないときや遅れているときは、とても心配になったりするものです。

このまま様子を見てもいいのか、歯医者に連れて行った方がいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • 赤ちゃんの歯が生えない原因
  • 生える時期と順番
  • 歯医者に行く目安

について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

乳歯の生え始める時期の目安は?

乳歯の生える時期は、赤ちゃんによってずいぶん違いがありますが、生後6~7ヶ月頃に生え始めてくることが多いです。

まず頭を出してくるのが下の前歯、その後上の前歯も生え、1歳過ぎるころには上下4本の前歯が生えそろってきます。

そして、2歳頃にはほとんどの歯が顔をのぞかせ、3歳になる頃にはすべての歯が生えそろいます

ですが、乳歯の生える時期は個人差が大きいので、一般的に言われている生え始めの時期と前後しても、あまり心配しないでくださいね。

赤ちゃんの歯が生える時期の目安をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

 

【乳歯の生える時期】

  • 生後6ヶ月~9ヶ月頃・・・ 下の前歯2本(乳中切歯)
  • 生後9ヶ月~10ヶ月頃・・・  上の前歯2本(乳中切歯)
  • 生後11ヶ月~1歳頃・・・ 上下の歯が4本(乳側切歯)
  • 1歳4ヶ月~1歳半頃・・・ 奥歯4本(第一乳臼歯)
  • 1歳9ヶ月~2歳頃・・・  犬歯4本(乳犬歯)
  • 2歳半~3歳頃・・・  奥歯4本(第二乳臼歯)

 

赤ちゃんの歯が生えない原因は?

赤ちゃんの歯の生え方も、体の成長と同じように個人差が大きく、1歳過ぎても1本も生えていないことも珍しくありません。

1歳を過ぎて、まだ乳歯が1本も生えてこない状態を、「乳歯萌出遅延(にゅうしほうしゅつちえん)」と言います。

乳歯萌出遅延の原因はさまざまですが、単に歯が生えてくるのが遅れている場合も多く、歯以外の体の発育や知育の発達に問題がなければ、あまり心配はないとされています。

低体重児や早産の場合、歯が生える時期が遅くなったり、歯の生える順番が一般とは異なったりすることもあるので、1歳半過ぎて気になるときは小児歯科に相談しましょう

赤ちゃんの歯が生えないからと、過度に神経質になる必要はありませんが、なかには歯科の受診が必要な病気も考えられるので注意が必要ですね。

赤ちゃんの乳歯が生えてこないときに考えられる、主な原因をまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

【赤ちゃんの歯が生えない原因】

  • 単に歯の生え始めが遅れている。
  • 早産や低体重児など、お腹の中での発育が十分でなかった。
  • 歯茎が普通より厚い、顎の骨が固いなど。
  • 歯の数が生まれつき足りない。(先天性欠如歯)

※   ごくまれに先天的に歯が全く形成されていない、外胚葉異形成症という病気もある。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの歯が生える順番が違っても大丈夫?

乳歯が生える順番はだいたい決まっているので、少しでも順番が違うと、ママも気になるのではないでしょうか?

「下の前歯から生えずに、上の前歯が先に生えてきた・・・」

「普通は前歯から生えてくるのに、わきの歯から生えてきた・・・」

など、乳歯の生える順番が異なることもよくあることで、実は、全体の2割程度もいると言われているんですよ。

歯の生える順番が違うと心配しがちですが、一般的には上下の8本の前歯のどれかが最初に生えてくれば問題ないと言われています。

乳歯が生えてくる一般的な順番は、下記のとおりです。

下の前歯  →  上の前歯  →  上の前歯の横  →  下の前歯の横  →  上の奥から2番目の臼歯  →  下の奥から2番目の臼歯  →  上の犬歯  →  下の犬歯  →  下の一番奥の臼歯  →  上の一番奥の臼歯

赤ちゃんの歯の生える時期と同じように、歯の生える順番にも個人差があるのであまり心配しないでくださいね。

ただし、前歯が生えていないのに、奥歯が先に生えてくるような生え方は問題があるので、歯科医に相談しましょう

 

赤ちゃんの歯が生えないときの病院に行く目安は?

乳歯の生える時期や順番はかなり個人差があるので、1歳までに前歯が数本生えていれば問題ないとされています。

1歳過ぎて歯が生えてこない場合でも、単なる発育の個人差として後から生えてくることもよくあります。

ただし、

  • 歯の数が足りない、先天性欠如歯
  • 2本の歯がくっついて、1本の歯のようになっている癒合歯(ゆごうし)

などの可能性も考えられるので、いつまでも赤ちゃんの歯が生えないときは、小児歯科の受診が必要です。

1歳3ヶ月を過ぎてもまだ赤ちゃんの歯が生えないときや、ママさんが気になるときは、歯科医に相談するようにしてくださいね

特に、

  • 1歳半を過ぎても、歯が一本も生えてこない。
  • 左右どちらかだけが生えて、逆側の歯が生えてこない。

などの場合は、全身的な要因も考えられます。

単に歯が生えるのが遅れているだけなのか、歯茎の中に乳歯がもともとないのかはレントゲン写真を撮ってもらうと分かります。

特に何も問題がなく、歯があることが確認できれば、後は生えてくるのを待つだけなので安心できますよね。

そうは言っても、小さなお子さんはレントゲン写真を撮るのが難しいため、歯科医に診てもらったあと相談して決めてくださいね。

 

まとめ

乳歯の生える時期は個人差が大きく、半年以上の幅があると言われています。

まだ、歯が生えていなくても、前歯の歯茎の部分が膨らんできたり、歯茎に少し硬いものが触れる感じがあったりすると、歯が生えてくる前兆です。

あまり心配しすぎないで、1歳3ヶ月くらいまでは赤ちゃんの歯が生えてくるのを楽しみに待っていてくださいね。

また、赤ちゃんの歯が生えるのが遅いときは、離乳食も食べやすい固さに調整して、食べ物を丸飲みしないように気を付けてあげてくださいね。

 

-成長と発達

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.