赤ちゃんの気になることや症状

赤ちゃんの体温が低いのはなぜ?低体温の見分け方や対処法は?

更新日:

赤ちゃんの体温は、一般的に大人より高いはずなのに・・・

熱を測って見ると、赤ちゃんの体温が低くてびっくりすることもありますよね。

赤ちゃんの体調が悪くなくても、体が冷えていたらとても気になるものです。

特に、生まれたばかりの新生児は外気温に体温が左右されやすいので、ママも特に注意してあげたいですね。

そこで今回は、

  • 赤ちゃんの体温が低くなる原因や対処法
  • 低体温の見分け方
  • 体温が低いときの病気

について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの体温が低いのはなぜ?

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、まわりの環境温度の影響をとても受けやすいという特徴があります

普段から気をつけていないと、本当にちょっとしたことで体温が下がってしまいます。

赤ちゃんの体温が低くなる原因として、以下のものが考えられます。

  • 赤ちゃんを冷たいタオルや肌着で包んだとき
  • エアコンや扇風機の風が当たったとき
  • 大泣きして、汗をかいて体が冷えたとき
  • 寒い季節で外気温が低い場合
  • 赤ちゃんの寝る場所が、窓際で冷えているとき
  • 室内の設定温度が低いとき(冬は20℃くらい、夏は26~28℃が理想)

など、ちょっとしたことで熱が奪われてしまいます。

大人の場合、熱が奪われると体を震わせたり、脂肪を燃やしたりして熱を作り出すことができますが、赤ちゃんは体内で熱を作り出すことがまだ十分できません

ですから、赤ちゃんの体温は簡単に下がることはあっても、自力ではなかなか体温が上がってこないんですね。

赤ちゃんの月齢が低いうちは、体温が低くならないように十分注意しましょう。

 

新生児は特に低体温に注意!

赤ちゃんの低体温は、一般的には36度以下の熱が続いている状態を言います。(厳密には直腸温【肛門での体温】が35℃以下で低体温症と診断される。)

新生児は特に皮下脂肪が少なく、体が小さいわりには体表面積が大きくて体の熱も奪われやすいので、月齢が高い赤ちゃんよりも注意する必要があります

赤ちゃんの体が冷たいと感じたときは必ず熱を測って確認するようにしてくださいね。

体温調節が未熟な新生児のうちは、衣服や寝具、室内の設定温度などで、赤ちゃんの体温を上手にコントロールするようにしましょう。

また、低出生体重児や早産児ほど環境温度の影響を受けやすく、低体温を起こしやすいので十分注意してくださいね

 

赤ちゃんの体温を正確に測れていないことも・・・

赤ちゃんの体温が低いと心配されるママの中には、正しく熱が測れていない場合もあります。

特にわきの下で体温を測るとき、服の襟から体温計を入れてしまうと、先端部がわきの下の真中に当ってないこともあります。

正確に測るには、洋服の下から体温計を入れて、先端部分がわきの中心にくるようにしましょう。

角度を30℃くらいつけて、脇もしっかり閉じて固定するといいですね。

赤ちゃんが泣いたあとや、授乳後、お風呂上がりなど、わきの下に汗をかいている状態では正確に体温が測れないので、汗をきれいに拭いてから測定してくださいね。

また、赤ちゃんの体温が測るたびに違うということがありませんか?

赤ちゃんの熱は、着ている服や部屋の温度などの影響を受けるだけでなく、測る時間帯によってもずいぶん違ってきます。

体温は1日の中でも朝は低く、夕方にかけて最も高くなります

普段から、

  • 朝起きたとき
  • 午前中
  • 夕方
  • 就寝前

それぞれの時間帯で、赤ちゃんの平熱を測っておくといいですね。

赤ちゃんの体温計もいろいろ種類があり、検温部位によって体温が異なるので、それぞれの部位の平熱をあらかじめ把握しておくことが大切です。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの低体温の見分け方は?

赤ちゃんが暑いと感じているときは、汗をかくのですぐに対処できますが、冷えているときは見極めが難しいですよね。

赤ちゃんの体が冷えているかどうかは、手足だけでなく衣服に隠れている部分まで触って確かめる必要があります。

衣服に隠れているところが冷えている場合は、体全体が冷えていると考えられるので、赤ちゃんの全身をさわって判断するようにしましょう

赤ちゃんの体温調節が上手くいかず、寒がって機嫌が悪かったりぐずったりしていることもよくあります。

赤ちゃんに、

  • 唇が青白くなっている。
  • 頬が真っ赤になっている。

などの場合は、体がかなり冷えている可能性があるので、しっかり体全体を温めてあげてくださいね。

また、赤ちゃんに下記のような症状が見られる場合は、低体温が悪化しているサインなので、すぐに病院を受診するようにしましょう。

急を要する低体温のサイン

  • 衣服や室温などを調整しても、赤ちゃんの体温が上がらない。
  • 母乳やミルクを飲む量が極端に減って、水分や栄養分が摂れていない。
  • おしっこの量が極端に少ない。
  • ぐったりして目の焦点があっていない。
  • 呼吸が乱れたり、無呼吸発作が起きたりする。

 

赤ちゃんの体温が低いと病気になる?

体の冷えが原因で、直接的に赤ちゃんに病気をもたらすということは考えにくいです。

ですが、赤ちゃんの体温が下がった状態で時間が経過してしまうと、風邪などの感染症にかかりやすくなります。

また、慢性的に体温が低い状態が続いてしまうと低体温症に陥ってしまい、いろいろな症状が起こります。

たとえば、

  • 不整脈が出現したり
  • 意識が混濁してきたり
  • 痙攣を起こしたり

することもあります。

また、まれに甲状腺機能低下症敗血症などの感染症疾患で低体温になることもあります。

その場合、赤ちゃんが低体温になるだけでなく、母乳やミルクを飲まない、呼吸数が増える、便秘など他の症状が現れることが多いので、少しでも様子がおかしい場合はすぐに受診してくださいね。

 

赤ちゃんの体が冷えるときの対処法は?

赤ちゃんの体が冷えて気になるときは、室内の温度を上げて全身を毛布でくるんだり、抱っこしたりして体全体を温めてあげましょう。

早く体温を上げるには、太い血管が通っている赤ちゃんの首と脇の下足の付け根を温めてあげるといいですよ。

また、赤ちゃんの手足は温度を感知するために大切の役割を果たしています。

あまり手足を温めすぎると、体まで暖かいと錯覚して逆に体温を下げてしまいます。

特に、就寝時に手袋や靴下をはかせたまま寝かせてしまうと、体温調節しにくくなるので注意しましょう。

赤ちゃんの体温が下がらないように、普段からできる対処法をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの体温が低いときの対処法

  • エアコンや扇風機など風が直接当たる場所に赤ちゃんを寝かせない。
  • エアコンをつけていても床の近くは気温が低いので、扇風機などを使って空気を循環させる。
  • 赤ちゃんの寝るベビーベッドや布団などを、窓際や壁から離す。
  • 窓際の冷気を防ぐために、カーテンは窓用の断熱素材を使用する。
  • 肌着やオムツ、寝具など、赤ちゃんの肌に触れるものを温めておく。
  • 沐浴の後はすばやく体の水分を拭きとり、汗もこまめにふき取る。

 

まとめ

赤ちゃんは「寒い」とか「暑い」とか、言葉で伝えることができないので、ママやパパがしっかり気を付けて体温調節してあげましょう。

日頃から体温を把握するようにして、赤ちゃんの機嫌や様子を観察することで体調に変化に早めに気づくことができますよ。

赤ちゃんの過ごしやすい環境を作ってあげることで、低体温を防いであげてくださいね。

 

-赤ちゃんの気になることや症状

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.