赤ちゃんの病気・トラブル

赤ちゃんが頭をぶつけた!打ったときはどうする?受診が必要な症状とは?

更新日:

赤ちゃんが頭をぶつけたとき、ママも気が動転してしまいますよね。

頭を打った後に大泣きしたり「たんこぶ」ができたりすると、どう対応していいのか分からなくなってしまうこともあります。

たとえすぐに泣き止んでも、赤ちゃんが頭をぶつけると、後になって不安でしょうがないものです。

赤ちゃんが頭を打ったときは、いったいどんなことに注意して対応したらいいのでしょうか?

また、病院に連れて行くかどうかの判断も難しいですよね。

そこで今回は、

  • 赤ちゃんが頭をぶつけたときの対応の仕方
  • すぐに受診が必要な症状の目安とは?
  • 注意すべき「たんこぶ」とは?

について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが頭をぶつけたときはどうしたらいい?

赤ちゃんは転んで頭をぶつけてしまうことが、よくありますよね。

椅子から落ちたり、テーブルの角でぶつかったりなど・・・ヒヤリとさせられますが、まずは落ち着いて赤ちゃんの様子を見るようにしましょう。

頭を打った後は、大泣きすることが多いですが、優しくあやしながら頭部に傷がないか確かめてくださいね。

赤ちゃんが泣いただけで、その後の異常が見られない場合や、たんこぶもない程度の打撲ならあまりママも心配しないでしばらく様子を見るようにしましょう。

ですが、赤ちゃんが頭を打ってから少なくとも24時間はなるべく静かに過ごし、何か異変がないか注意深く観察することが必要です

また、安静を保つためにも頭を打った日はお風呂には入れないようにしましょう。

赤ちゃんが頭を打った後、24時間以上たっても何も症状がなければ頭の中での出血の可能性は低くなると言われています。

それでも、頭の中で少しずつ出血が起きている場合は、数日後に症状が現れることもあるので、頭をぶつけた後は目を離さないようにして少しでも異変に気が付いたらすぐに病院を受診しましょう。

 

赤ちゃんが頭を打った後、こんな症状があればすぐに受診が必要!

赤ちゃんが頭をぶつけたとき、外傷があって出血している場合はタオルやガーゼなどで圧迫したまま、外科脳外科にすぐに病院を受診しましょう

「たいした傷ではないかも?」と思っても、傷が深い時は縫合することもあるので、なるべく早めに病院に行ってくださいね。

また、傷がなくても頭の中でわずかずつ、出血している場合があります。

その場合、時間がたつと血腫(血液がたまりこぶのようにはれあがったもの)がだんだん大きくなって赤ちゃんの脳を圧迫するようになります

そうなると、嘔吐や頭痛が起こり意識がもうろうとして、下記のような症状が現れることがあります。

赤ちゃんが頭を打った後に、次のような症状が出た場合はすぐに病院を受診する必要があります。

  • 泣かないでぐったりしている
  • 意識がはっきりしない、ウトウトしている
  • 無表情で反応しない
  • 何回も嘔吐を繰り返す
  • 頭全体を痛がる
  • 手足が麻痺している
  • 顔や手足の一部が引きつったように動く
  • けいれんが起こる

このような症状が赤ちゃんにでた場合は、大至急、脳神経外科のある病院を受診するようにしましょう

スポンサーリンク

 

「たんこぶができたら大丈夫!」は間違い? 

赤ちゃんが頭をぶつけると、たんこぶがおでこに出来ることも多いですよね。

なかには、「たんこぶが出来たら大丈夫!」と思っている方もいるようですが、それは間違っているので注意してくださいね。

たんこぶは頭を強く打ったときに、頭皮下の血管が切れて、そこに血液がたまってできるものです。

ですから、一般的には頭を打ったときの衝撃が強ければできやすいですし、弱ければできにくいものです。

たんこぶが出来るということは、それほど頭を強く打っているということなので、乳幼児は特に注意しなければいけません。

赤ちゃんの頭蓋骨がやわらかく変形しやすいので、頭を打ったときは思わぬ脳のダメージを引き起こすことがあります

脳出血脳挫傷を引き起こすほどの強い衝撃で頭をぶつけたときも、大きなこぶができるので、たんこぶが出来たから大丈夫だとは思わないでくださいね。

実際には、たんこぶになっても心配がないことの方が多いですが、危険なたんこぶもあるのでしっかり見極めましょう。

特に、赤ちゃんの側頭部のたんこぶには注意が必要です。

側頭部の頭蓋骨は、前頭部や後頭部に比べると骨がとても薄くて弱いので、ひびや骨折が起こりやすいのです。

赤ちゃんの頭の横にたんこぶが出来た場合は、元気そうに見えても病院を受診したほうがいいですね。

 

赤ちゃんが頭を打った後、いつまで注意したらいい?

頭を強く打った場合、1時間以内などの短時間で何らかの症状が出ることが多いと言われています。

ですが、赤ちゃんの場合は頭を強く打っても症状が出にくい場合があるので、少なくとも24時間は必ずそばに居るようにして注意深く様子を見るようにしてくださいね

ただ、24時間以上たって赤ちゃんに変わった様子がなくても、絶対に安心できるというわけではありません。

極端な場合は頭を打ってから、数日から数カ月後に急に母乳やミルクを飲まなくなったり、原因不明の貧血が起こったりすることもあります

赤ちゃんが頭をぶつけた後は、しばらく継続して注意深く観察した方がいいですね。

いったい、いつまで用心すればいいの?と思われるかもしれませんが・・・

一般的には、2~3日以上たって何も症状がなければ、あまり心配はないと言われています。

ですが、赤ちゃんの様子が少しでも気になるときは、迷わず病院で相談してみてくださいね。

 

まとめ

赤ちゃんは大人と違って、4頭身と言われるくらい全身に占める頭の割合が大きいです。

ですから、ちょっとしたことでバランスを崩してしまうので、転倒すると思わぬ事故にもつながりかねません。

万が一、赤ちゃんが頭をぶつけてしまったときは、慌てずしっかり対処して経過観察もするようにしてくださいね。

また、つかまり立ちや一人で歩けるようになると、赤ちゃんは頭をぶつける機会がますます増えてきます。

普段から赤ちゃんが転んでも大丈夫なように、転倒防止クッションやコーナーガードなど上手に活用して、しっかり対策をとるようにしたいですね。

 

-赤ちゃんの病気・トラブル

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.