離乳食

赤ちゃんにチーズはいつから?種類は?カッテージチーズの作り方は?

更新日:

赤ちゃんの離乳食が進んでくると、「そろそろチーズを食べさせようかな?」

そう考えるママさんもいるのではないでしょうか?

良質なたんぱく質がとれるチーズですが、赤ちゃんには塩分が多いのが少し気になりますよね。

市販のチーズは種類もたくさんありますが、なかには離乳食に向いていないものもあります。

いったいチーズは、いつからどんなものを赤ちゃんに食べさせたらいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 赤ちゃんにチーズはいつから?
  • 赤ちゃんに食べさせられるチーズの種類と時期
  • 赤ちゃんのチーズによるアレルギーに注意
  • 離乳食に最適な手作りカッテージチーズの作り方

について、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんにチーズはいつから食べさせられるの?

離乳食にチーズが使えるようになると、レパートリーもぐんと広がりますよね。

栄養豊富なチーズは離乳食にぜひ取り入れたい食材ですが、使い方や時期を誤ると赤ちゃんの健康にも悪影響を及ぼしてしまう場合があります。

赤ちゃんにチーズを食べさせるときは、特に次のような点で注意が必要です。

  • あまり早い時期にチーズを食べさせると乳製品なのでアレルギーを発症する可能性が高まる
  • 市販のチーズは塩分が多すぎるものが多い

このことから考えても、赤ちゃんにチーズを食べさせ始めるのは離乳食中期の生後7~8ヶ月頃を目安にするといいですね

塩分のないカッテージチーズは離乳食初期の後半から使い始めることもできますが、アレルゲンになる可能性もあるのでゆっくり進めた方がいいです。

離乳食の進みぐあいは個人差が大きいですが、まずは、おかゆに慣れて野菜やお豆腐や白身魚などが食べられるようになってからチーズに進みましょう。

 

赤ちゃんに食べさせられるチーズの種類と時期は?

赤ちゃんに市販のチーズは塩分が多すぎるのでは?と思われるママさんも多いのではないでしょうか?

離乳食中期からチーズが食べられるようになりますが、市販のチーズは塩分が多いものがほとんどです。

ですから、赤ちゃんに初めてチーズを食べさせるときは、塩分のないカッテージチーズから始めます

塩分の他にも、チーズには脂肪分の高いものがあるので、赤ちゃんにチーズをいつから食べさせられるかはチーズの種類によって変えていきましょう。

赤ちゃんに食べさせ始めるチーズの種類と時期をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

  • 離乳食中期(生後7ヶ月~)・・・カッテージチーズ(塩分不使用) 生後8ヶ月~・・・パルメザンチーズ(味付け程度)
  • 離乳食後期(生後9ヶ月~生後11ヶ月)・・・スライスチーズ、ピザ用のとろけるチーズ、モッツァレラチーズ
  • 離乳食完了期(生後12ヶ月~)・・・赤ちゃん用チーズ、プロセスチーズ、ステックチーズ、クリームチーズ

どんなチーズを離乳期のどの時期に取り入れるかは、離乳食の進み方やアレルギーの有無にもよっても変わってきます

赤ちゃんの様子を見ながら、塩分や脂肪分のとりすぎに十分注意してチーズを食べさせる量や回数を控えめにして与えるようにしましょう。

 

赤ちゃんにチーズを与えるときはアレルギーに注意!

チーズの原料は牛乳なので、赤ちゃんにチーズを食べさせると牛乳アレルギーを発症する可能性が考えられます。

食物アレルギーの中でも、牛乳アレルギーを発症する子は鶏卵に次いで2番目に多いと言われているので注意が必要です

初めてチーズを食べさせるときは、念のため病院の開いている午前中に、少量ほど与えてみて赤ちゃんの様子を見るようにしましょう。

アレルギー反応があったときに、すぐに病院に連れて行けるようにしておいてくださいね。

また、どの食材にアレルギー反応があるのか分かるように、初めての食材を一度に複数与えないようにすることも大切ですね。

食物アレルギーによる、主なアレルギー症状は下記の通りです。

  • 皮膚のかゆみ、発赤、じんましん、湿疹
  • 腹痛や下痢
  • 咳、ぜん鳴(ゼーゼー)、目や鼻の症状など

これらの症状がみられる場合は、アレルギー反応をおこしている可能性があるので病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

 

離乳食に最適な手作りカッテージチーズの作り方

カッテージチーズは、ヨーグルトとレモンで簡単に手づくりすることができます。

市販のカッテージチーズは塩分や添加物が入っているものが多いので、できればママが手づくりして赤ちゃんにより安心なものを食べさせてあげたいですよね。

離乳食に欠かせないカッテージチーズは、熟成させないチーズなので癖がなく野菜や果物との相性も抜群です。

作り方は下記の通りですので、ぜひ参考にして作ってみてくださいね。

ヨーグルトで作るカッテージチーズの作り方

【材料】

  • プレーンヨーグルト・・・1パック(400g)
  • レモン汁・・・大さじ2

【作り方】

  1. 鍋にヨーグルトを入れて、中火にかける。
  2. 沸騰直前になったら火を止めて、レモン汁を入れてゆっくりかき混ぜる。(黄色がかった水分(ホエー)と、固形物に分かれてくる。)
  3. ざるにキッチンペーパーやガーゼなどを敷いて、出来上がったものを流し入れそのまま20分放置する。
  4. 黄色がかった乳清(ホエー)がある程度がなくなったら、キッチンペーパーごと丸めて水分を絞り出す。
  5. 冷蔵庫で冷やし、一晩寝かせて完成。

※ポイント

  • 沸騰させないこと。
  • 温度が低すぎても(50℃以下)こすのに時間がかかるので、沸騰直前で火を止める。
  • キッチンペーパーが薄い場合は裂けやすいので二重にする。
  • 口当たりをなめらかにするには裏ごしする。

 

出来上がったカッテージチーズは密封容器に入れて冷蔵庫で2~3日は保存できますが、手作りカッテージチーズは水分が多く菌が繁殖しやすいので、なるべく早めに使いきるようにしましょう

赤ちゃんに初めてカッテージチーズを食べさせるときは、裏ごしすると口当たりが滑らかになって食べやすくなります。

酸味が苦手な赤ちゃんも、甘みのあるバナナやりんご、かぼちゃやさつまいもなどと混ぜるとカッテージチーズが食べやすくなりますよ。

 

まとめ

離乳食を始める時期は個人差がありますが、赤ちゃんがチーズを食べられるようになるのは生後7~8ヶ月頃からです。

この時期におすすめのカッテージチーズは、簡単に手づくりすることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

市販のものと違って塩分や添加物の心配もないので、ママも赤ちゃんに安心して食べさせることができます。

離乳食でもう一品欲しいなというとき、野菜や果物との相性がいいカッテージチーズはとても便利ですよ。

 

-離乳食

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.