離乳食

離乳食の卵の進め方は?卵黄と卵白の与え方のポイントや注意点

更新日:

卵は離乳食の中でもアレルギーが出やすいので、赤ちゃんに食べさせるときは特に気を使いますよね。

ですが、離乳食の卵の進め方もいろいろな情報が流れているので、どんなふうに与えればいいのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

赤ちゃんに卵を食べさせる時期や分量、どのくらい間隔をあけて食べさせた方がいいのかなど、疑問に思われるママさんも多いと思います。

そこで今回は、

  • 離乳食に卵を与える時期
  • 離乳食の卵の進め方
  • 離乳食で卵を与えるときの注意点

などについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの離乳食に卵はいつから?

卵アレルギーは子供の食物アレルギーの中で最も多いと言われています。

それだけに、離乳食で卵をいつから食べさせたらいいのかとても気になりますよね。

一般的には、赤ちゃんに卵を与える時期は厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」を参考にして、生後7~8ヶ月頃から食べさせるといいです

生後7~8ヶ月頃といえば、生後5~6ヶ月頃から離乳食を開始して順調に進んでいれば2回食が始まる頃です。

赤ちゃんの離乳食の進み具合は個人差が大きいので、おかゆやつぶした野菜、豆腐や白身魚などに慣れてから卵に進むようにしましょう。

早すぎるアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)の摂取は、未発達の赤ちゃんの体に負担がかかり、アレルギーを誘発することも考えられます

離乳食も赤ちゃんの成長や体調に合わせて、ゆっくり進めていくようにしたいですね。

また、赤ちゃんがすでに食物アレルギーを発症している場合や、アトピー性皮膚炎があるときは医師の診察を受けた後に、離乳食の卵の進め方を相談することが大切です

 

離乳食は卵黄より卵白に注意が必要!

最近では、食物アレルギーをもった子供がとても増えています。

なかでも卵アレルギーは、赤ちゃんの消化器官が未熟なために卵白に異常に反応して、アレルギー反応を起こしてしまうことが考えられます。

赤ちゃんにアレルギー反応が出るかどうか分からないうちは、離乳食で卵を与えるときは慎重に少しずつ進めていくようにしましょう。

離乳食の卵の進め方で注意してほしいのが、卵黄と卵白では危険度が全く違うということです。

卵アレルギーのアレルゲンのほとんどは卵白に存在していると言われています

卵黄よりも卵白の方がアレルギー反応を起こす率が圧倒的に高いので、赤ちゃんに卵の白身を食べさせるときは、より慎重に進めるようにしてくださいね

また、卵アレルギーがあるかどうかが判断できないうちは、食品やお菓子などにも卵白が含まれていないか注意して見るようにしましょう。

 

離乳食の卵の進め方は?卵黄と卵白の与え方はどうする?

卵黄と卵白では赤ちゃんに与える時期が違うので、離乳食の卵の進め方について悩まれるママさんも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんに卵を与えるときにアレルギーの心配をしすぎるのもよくありませんが、できるだけトラブルを避けるためにも慎重に少しずつ進めていきたいですね。

離乳食の卵の進め方とポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ステップ1 卵黄のみを与える(固ゆで卵)

生後7~8ヶ月頃になったら、固ゆで卵の卵黄部分を使ってスタートしましょう。

赤ちゃんに初めて卵黄を与えるときは、耳かき1さじから始め、アレルギー反応が出ないか2~3日様子を見ます

まずは、卵黄をおかゆに入れたり、スープでのばしたりしながら食べさせるといいですね。

何もアレルギー症状がなければ、2~3日おきに少しずつ卵黄の量を増やしていきましょう。

ただし、何もアレルギー反応が出なくても、急に量を増やしてしまうと赤ちゃんの体に負担がかかるので、1~2ヶ月かけてゆっくり増やすようにしてくださいね。

 

【ポイント】

  • 15分以上加熱した、固ゆで卵の卵黄を使う。
  • 卵がゆであがったらすぐ冷水で冷まし、時間をおかずに卵黄と卵白に分ける。(時間を置くと、卵白にあるアレルギーを起こす原因のたんぱく質が卵黄に吸収されてしまう)
  • できるだけ、卵白に触れていない卵黄の真ん中部分を使うようにする。
  • 卵黄を食べさせるときは、平日の午前中にする
  • 偏った食べ方はアレルギー発症の原因になるので、卵黄が食べられるようになっても、毎日食べさせたりしないで2~3日あける。
  • 食べられるようになっても、一日に与える量は最大で卵黄1個までにする。
  • 市販のベビーフードやお菓子など、卵白が使われていないか必ず確認する。

スポンサーリンク

 

ステップ2 卵白を与える(全卵も含む)

卵黄を順調に食べ進めて、1~2ヶ月後くらいに卵白にチャレンジしましょう。

ただし、卵のアレルゲンのほとんどが卵白に含まれているので、卵黄のときより卵白を食べさせる場合はより慎重に少しずつ進めてくださいね。

赤ちゃんに初めて卵白を食べさせるときは、耳かき1杯よりも少ない量から始めると安心です。

2~3日たっても何も症状がなくても、卵白の場合はすぐに量を増やしたりしないようにしましょう

2~3日間隔をあけながら、3回くらい卵白を食べさせてもアレルギー反応がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

いきなり全卵を混ぜてしまうと卵白の量が分からないので、最初は固ゆで卵の卵白をすりつぶしたり、みじん切りにしたりして卵黄に追加するようにするといいですね。

赤ちゃんに食べさせる全卵の量は、離乳食中期で1/3個、後期で1/2個、完了期で2/3個を目安にしましょう。

 

【ポイント】

  • 卵白(全卵を含む)の場合も十分加熱した卵を使用する。(サルモネラ菌など食中毒の予防にもなる。)
  • 卵白も卵黄と同じように、平日の午前中に食べさせるようにする。
  • アレルギー反応がなくても、続けてたくさん食べさせないようにする。(一気に増量すると強い症状が出ることもある。)
  • 卵の加工品の中には、十分加熱されていないプリンやカスタードクリームなどもあるので注意する。
  • 食中毒の可能性もある半熟卵や生卵は、3歳ぐらいまで控える。

 

離乳食で卵を与えるときの注意点

卵アレルギーの原因になる物質は、卵の加熱温度や加熱時間、調理方法によっても大きく変化します。

加熱温度が高く、加熱時間も長いほどアレルギーが起きにくいことも分かっているので、赤ちゃんに卵を与えるときは必ず十分加熱することが大切です

また、離乳食で卵を与えるときはアレルギーを発症することも考えて、病院の診療時間内に間に合うように、平日の午前中に卵を食べさせるようにしましょう。

アレルギー反応は食後30分~数時間で症状が表れる「即時型」と24時間~48時間後に突然発生する「遅延型」の2種類があります。

赤ちゃんに卵を食べさせたらすぐに症状が現れなくても、2~3日間くらいはしっかり様子を見るようにしてくださいね。

特に、卵白を与えたときはアレルギーが強く出やすいので、卵黄を与えたとき以上に注意が必要です。

もしも、卵を食べさせた後、皮膚のかゆみや湿疹、下痢や嘔吐など少しでもいつもと違うと感じたときは、すぐにかかりつけの病院に診てもらうようにしましょう。

アレルギーがひどい場合は呼吸困難に陥ることがあるので、少し様子を見ようとは思わず、アレルギー症状が表れた場合はすぐに病院を受診してくださいね。

 

まとめ

離乳食の卵はアレルギーを起こしやすいので、ポイントを押さえて十分な配慮をしながらゆっくり進めましょう。

離乳食の進み方は個人差が大きいので、卵の摂取時期や量はあくまでも目安として、赤ちゃんの食欲や成長に応じて調整するようにしてくださいね。

なかには、赤ちゃんの卵アレルギーを心配して、症状もないのに卵の摂取時期を遅らせたり、食べるのを控えたりされる方もいますが・・・

少しでも不安がある場合は自己判断するのではなく、離乳食の卵の進め方について、医師に相談しながら与えるようにしてくださいね。

 

-離乳食

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.