赤ちゃんの気になることや症状

赤ちゃんのほっぺが赤い原因は?対処法や病院に行く目安は?

投稿日:

 

赤ちゃんのほっぺは何もしなくても真っ赤になることがよくあります。

ときには、赤ちゃんのほっぺがカサカサになったり、かぶれたりすることもあるのでママも見ていてとても気になりますよね。

肌にかゆみがあると、赤ちゃんも無意識のうちにかきむしってしまい、肌トラブルにつながることも・・・

赤ちゃんの頬の赤みがすぐに収まるときはいいですが、ときには病気が原因になっている場合もあるので注意が必要です。

そこで今回は、

  • 赤ちゃんのほっぺが赤い原因や対処法
  • 赤ちゃんのほっぺが赤いときの病院に行く目安

について、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのほっぺが赤い原因は?

赤ちゃんのほっぺはすぐに赤くなってしまいますよね。

赤ちゃんのほっぺが赤いのは、もともと赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚の半分くらいの厚さしかなく、頬にある毛細血管が見えやすいという特徴があるからです

気温やそのときの感情などによっても、毛細血管が広がってほっぺ全体に血液が流れ、赤ちゃんの顔はすぐに赤くなってしまいます。

また、赤ちゃんのほっぺが赤いのは、次のような原因が考えられます。

 

赤ちゃんの肌が乾燥している

赤ちゃんの頬が赤くなる原因として一番多いのは肌の乾燥です。

赤ちゃんの肌は大人に比べて皮脂量や水分量が少ないため、肌がとても乾燥しやすいです。

特に冬場の乾燥や夏の日焼けによっても、赤ちゃんのほっぺがカサカサになって真っ赤になることがあります。

肌が乾燥してカサカサになると頬が赤くなるだけでなく、皮膚のバリア機能が働かず、湿疹やかゆみが出てきて肌トラブルの原因になります

生後2~3ヶ月頃までは母体から受け取ったホルモンの影響で、皮脂の分泌が多くあまり乾燥はしませんが、それを過ぎると赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなるので注意が必要です。

 

赤ちゃんの皮膚が外からの刺激を受けている

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートで、ちょっとした物理的な刺激などでも頬が真っ赤になってしまうことがあります。

たとえば、冷気温熱日光擦るなど、少しの刺激を受けるだけでも赤ちゃんの頬はすぐに赤くなってしまいます。

衣類の着せすぎ・室温の高すぎによっても、赤ちゃんのほっぺが赤くなることは良くありますよね。

また、向き癖のある赤ちゃんはママの洋服やシーツに擦れる側の頬だけ赤くなる場合もあります

 

涙や汚れなどでかぶれを起こしている

吐き戻した母乳やミルク、涙などで汚れが赤ちゃんの頬に付くことが多いですよね。

これらの汚れが肌への刺激になって、かぶれを起こしてほっぺが真っ赤になる場合もあります。

また、赤ちゃんの顔の汚れを取るために何度も拭くようになるので、ますます頬に刺激を与えてしまい赤くなることも考えられます。

顔の拭き方によっては赤ちゃんのほっぺがカサカサになったり、赤みがひどくなったりしてかぶれを起こすこともあるので注意しましょう。

 

乳児湿疹やアトピー性皮膚炎などで赤くなっている

赤ちゃんの頬に乳児湿疹ができたり、アトピー性皮膚炎になったりするとほっぺが真っ赤になることがあります。

乳児湿疹は乳児時期に見られる湿疹の総称で、湿疹が現れる場所や症状もさまざまです。

乳児湿疹やアトピー性皮膚炎は症状がひどい場合、ただれを起こしてじゅくじゅくしたり、かゆみを伴うことがあるためほっぺが真っ赤になってなかなか治らないこともあります。

 

赤ちゃんが発熱している

赤ちゃんの顔の赤みは、熱を伴う病気が原因となっていることもあります。

発熱すると体温の上昇に伴って、毛細血管が広がるためほっぺが赤くなるのです。

赤ちゃんのほっぺが赤くなって、熱もあるときは風邪などの熱を伴う病気を疑うようにしましょう。

また、咳や鼻水、下痢など熱以外の症状はないか、赤ちゃんの機嫌や母乳やミルクの飲み方などもしっかり見るようにしてくださいね。

 

りんご病(伝染性紅斑)にかかっている

赤ちゃんの顔が赤いときに考えられる病気が「りんご病」です。

りんご病は赤く色づいたほっぺがまるでりんごのように見えることから、一般的にはりんご病と呼ばれますが、伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)とも呼ばれます。

5~9歳頃に感染することが最も多く、赤ちゃんと大人は少ないと言われています。

りんご病は「ヒトパルボウイルスB19」というウイルスによる感染症で、両頬にやや盛り上がった赤い発疹が現れます。

頬がりんごのように赤くなるだけでなく、腕や太ももなどにもレース状、または網目状の発疹が現れ、ときには胸や背中に赤い発疹が広がることもあります

微熱が出たり、軽い咳や鼻水などの風邪症状が見られますが、赤ちゃんはいつも通り元気なのが特徴です。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのほっぺが赤いときの病院に行く目安

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートなので、少しの刺激でも頬が赤くなることがよくありますが、あまり心配のない場合が多いです。

赤ちゃんのほっぺが赤いだけで、他に症状がない場合はしばらく様子を見るようにしましょう。

ほっぺが赤いだけでなく、次のような症状があるときは医療機関を受診するようにしましょう。

  • 皮膚がはれたり、発疹がひどいとき
  • 皮膚がじゅくじゅくしたり、炎症を起こしているとき
  • 頬が赤い以外に熱や鼻水など、他に気になる症状を伴っているとき
  • 皮膚の赤みが続いて気になるとき

赤ちゃんがりんご病にかかったときは、特別な治療はなく自然に治るのであまり心配はありません。

また、りんご病は発疹の出るまでは感染力が強いため周囲の人に感染しますが、ほっぺが赤くなっているときには感染する時期はほとんど過ぎています。

症状が治まるまで様子を見ても大丈夫ですが、かゆみが強い場合は医療機関を受診してかゆみ止めをもらうようにしましょう

りんご病は健康な子供が感染しても症状が軽く心配ありませんが、妊婦さんが感染した場合、強い貧血を起こして流産をすることがあるので注意が必要です。

 

赤ちゃんのほっぺが赤いときの対処法は?

赤ちゃんの頬の赤みがすぐに収まるときはいいですが、なかなか赤みが消えないとママも心配になりますよね。

普段から赤ちゃんのほっぺが赤くならないように、肌を清潔に保ってしっかりケアをしてあげましょう。

赤ちゃんのほっぺが赤いときの対処法をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 衣類の着せすぎや室温の高すぎに気を付け、上手に調節する。
  • 肌が乾燥するとほっぺがカサカサして赤くなり、肌トラブルの原因になるのでしっかり保湿する。(お風呂上りだけでなく顔を拭いた後なども忘れずに)
  • 向き癖のある赤ちゃんは、頬が洋服やシーツで擦れないように注意する。
  • 赤ちゃんの頬にかゆみがあると、無意識にかきむしってしまう場合があるので爪を短く切る。
  • よだれや食べこぼし、吐き戻しなど、肌に汚れが残らないように清潔にする。(顔を拭くときはこすらないように、ぬれたガーゼなどで軽くポンポンしながら汚れを落とす。)
  • 皮膚の病気や熱を伴う病気が疑われるときは、すぐに医療機関を受診する。

 

まとめ

急に赤ちゃんのほっぺが赤くなると、「熱があるの?」「暑すぎる?」などいろいろ気になるかもしれませんが…

赤ちゃんの頬が赤くなることは日常的によく起こることで、皮膚に異常が見られず、自然と赤みが収まる場合は心配ない場合がほとんどです。

ですが、ときには病気が原因で赤ちゃんの頬が赤くなっていることもあるので、原因が分からないときや、気になる症状が見られる場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

-赤ちゃんの気になることや症状

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.