その他

ご飯が固いときや芯が残ったときの復活方法は?原因も詳しくご紹介

更新日:

お米の種類を変えたり、水加減を間違ったりしてご飯が固くなることはありませんか?

少しご飯が固いくらいなら食べることもできますが、ときにはご飯に芯が残ってしまうこともありますよね。

そのまま食べることができないくらいご飯が固かったり、芯が残ったときは、どう対処したらいいのでしょうか?

そこで今回は、炊飯に失敗して、固くなったご飯を復活させる方法やご飯が固くなる原因についても詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

ご飯が固い、芯が残る!その原因は何?

せっかく炊いたご飯が固かったり、芯が残っていたりするとがっかりしてしまいますよね。

「水加減を間違えた」など、ご飯が固くなった原因が明らかな場合もありますが・・・

ときには、いつもと同じように炊いたのに、ご飯が固いといったことはありませんか?

ご飯が固いときや、芯が残るといった場合は、水の分量を間違えた以外に次のような原因が考えられます。

早炊きコースでご飯が固くなる

炊飯器の機種によっても異なりますが、炊飯時間を短縮する「早炊き」、「早炊きモード」といった機能がついているものが多くありますよね。

これらの早炊きは、通常モードの「吸水工程」や「蒸らし」といった工程を短縮しています。

ですから、お米を研いですぐに早炊きしてしまうと、お米の浸水時間が少ないためにご飯が固くなってしまうことがあるのです

そのため、早炊きする場合は、事前にお米を研いで水に30分以上浸してから早炊きするようにしましょう

または早炊きの場合、蒸らし時間が短いためにご飯が固くなることもあるので、そのときはしばらく蒸らすようにしましょう。

 

無洗米はご飯が固くなりやすい

お米を研がずに炊くことができる「無洗米」を使われる方も、少しずつ増えてきてますね。

無洗米はあらかじめヌカが取り除かれているため、炊飯前にお米を洗う必要がないので便利ですが、通常の白米より水加減を少し多くしないとご飯が固くなってしまいます

無洗米はヌカが取り除かれている分、白米と比べると粒が小さくなっています。

その分、同じ1合でもカップに入るお米の正味重量が若干多くなるため、水の量も増やさないと固くなるのです。

ちなみに、普通の米の1合は180mlですが、無洗米の1合は170mlです。

無洗米の専用計量カップを使用する場合は、お米が入る容量が少なくなっているので普通の水加減で大丈夫ですが・・・

従来の計量カップで無洗米を計るときは、少し水の量を多めにするようにしましょう。

 

炊き込みご飯は調味料を入れる前に浸水しないと固くなる

炊き込みご飯を炊くと芯が残る、といった話をよく聞きます。

今どきの炊飯器は炊飯時間に浸水工程が含まれているので、お米を研いだらすぐに炊飯スタートしても大丈夫になっていますが・・・

炊き込みご飯の場合、調味料が入るために、いきなり炊飯するとお米は水を吸収しないのでそのせいでご飯が固くなったり芯が残ることがあります

必ず、お米を研いでしっかり浸水させた後、調味液で炊き上げるようにしましょう。(浸水時間の目安は、夏場は30分、冬場は1時間くらい)

また、炊き込みご飯の具材とお米をはじめから混ぜてしまうと、炊飯器の熱が上手く回らずにご飯が固くなる原因にもなるので、具材はお米の上にのせて炊くようにしてくださいね

特に、無洗米を使って炊き込みご飯を炊くときは、

  • 洗わない
  • 浸水もしない

となると芯が残ってしまう原因になるので、炊く前にしっかり浸水させて、そのあと調味液で炊き上げてくださいね。

 

硬度が高い水は炊きあがりのご飯が固くなる

炊飯のお水に水道水ではなく、ミネラルウォーターを使う方もいるかもしれませんね。

その場合、軟水のミネラルウォーターは問題ありませんが、硬度の高い海外のミネラルウォーターを炊飯に使うとご飯が固くなってしまいます

硬度の高い水はお米に水が浸透しにくいため、ご飯の炊きあがりが固くなり炊飯には向いていません。

炊飯には水道水か、軟水のミネラルウォーターを使用するようにしましょう。

※   地域によって違いがありますが、日本の水道水はほとんどが軟水です。

 

ご飯が固いときや、芯が残ったときに柔らかく復活させる方法は?

ご飯が固いときや芯が残っているときは、お酒や水を振りかけて加熱するとふっくらとしたご飯になります

ご飯に芯が残っている場合はしっかり加熱する必要がありますが、基本的にはレンジや炊飯器の再加熱、蒸し器などを使って加熱することで、おいしいご飯になります。

ちょっとした手間と工夫でふっくらご飯に復活させることができますので、ぜひ試してみてくださいね。

ご飯が固いときに柔らかくする方法をいろいろご紹介しますので、ご飯の固さを見ながら、ぜひ試してみてくださいね。

  • 少し固いご飯の場合、2~3合に対してお酒を大さじ1杯ほどふりかけて、軽く混ぜて5~10分くらいそのまま蒸らす。
  • 少し固いご飯の場合は、軽く水をふりかけて1食分ずつラップに包んで、レンジで加熱するだけでもいい。
  • 固いご飯の場合、お酒かお水を少量ふりかけて軽く混ぜ、10分くらい炊飯スイッチを入れて再加熱する。
  • ご飯に芯が残っている場合は、お米1合に対して大さじ2杯くらい水をかけて軽くかき混ぜて再加熱すした後、しばらく蒸らす。
  • ご飯が固いときや芯が残っている場合は、ご飯を耐熱容器に移して蒸し器で15分くらい蒸らすとふっくらする。

スポンサーリンク

 

ご飯が固いときでもおいしく食べられるレシピは?

固くなったご飯が上手に復活できれば問題ありませんが・・・

上手くできなかったり固いご飯がたくさん残ったりしたときは、固いご飯をリメイクしておいしく食べましょう。

ご飯が固くなったときにおいしく食べられるレシピといえば、ピラフ、リゾット、ドリア、おかゆ、雑炊などいろいろあります。

固いご飯が一度に食べきれない量ある場合は、1食分ずつラップして冷蔵または冷凍しておくといいですよ。

固いご飯や芯が残るご飯には茶粥がおすすめ

固いご飯が炊けたときや、ご飯に芯が残っている場合、我が家ではよく「茶粥」にしています。

茶粥とはお茶を煮出して作るおかゆのことで、近畿地方での伝統的な朝ごはんとしても有名ですね。

茶粥はほうじ茶や番茶などのお茶で炊いたおかゆなので、普通のおかゆに比べて茶粥は風味があってとてもおいしいので、朝ご飯や夜食にもおすすめです。

一般的には茶粥はお茶を煮出して生米から炊きますが、固いご飯や芯が残ったご飯でもおいしくできますよ。(冷ご飯でOK)

ご飯の固さに合わせて煮込む時間が変わってきますが、一度ご飯を炊いているので茶粥があっという間にできます。

茶粥の一般的な作り方(米から作る)と、固いご飯を使った茶粥の作り方のポイントをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【茶粥の作り方 (2人分)】

  • 米・・・1/2カップ
  • 水・・・1リットル
  • ほうじ茶・・・大さじ1杯半(番茶や緑茶などでもいい)
  1. パックにほうじ茶の茶葉を入れ、沸騰した鍋の中に入れる。
  2. しっかりお茶を煮出したあと、お茶パックを取り出す。
  3. 洗ったお米を入れてひと混ぜしたら再び沸騰させ、ふきこぼれないように15~20分ぐらい炊いて火を止め、そのまま5分蒸らす。
  4. お好みで塩を一つまみ入れる。

【固いご飯を使って茶粥を作るときのポイント】

  • ご飯をザルに入れて冷水でぬめりをとってから、しっかり煮出したお茶の中に入れる。
  • ご飯の固さを見ながら、お水の量と炊く時間を調節する。

 

まとめ

ご飯が固いときや芯が残ったときの原因や対処方法をご紹介しました。

炊飯に失敗してご飯が固くなったときは、あきらめないでひと手間加えておいしいご飯に復活させてくださいね。

どうしてもご飯がおいしくならない場合や、固いご飯がたくさん残ったときなどは茶粥にするとおいしく食べられるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

-その他

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.