その他

ジャガイモが苦い!ピリピリするのはなぜ?苦くならない保存方法は?

投稿日:

ジャガイモを食べると、苦い味がしてえぐみを感じることがありますよね。

ときには、味付けした後にジャガイモが苦いことに気づいて、食べられずに捨ててしまったなんてこともあるかもしれませんね。

苦いジャガイモは舌がピリピリして何とも後味が悪いものですが、いったい何が原因なのでしょうか?

また、苦いジャガイモを食べても大丈夫なのかなど、気になることも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

  • ジャガイモが苦い原因
  • 苦いジャガイモは食べないほうがいい?
  • ジャガイモによる食中毒の症状
  • ジャガイモが苦くならない保存方法

についても詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

ジャガイモの苦みやピリピリの原因は?

ジャガイモを食べたとき、苦いと感じたり、口の中や舌がピリピリしたりするのはジャガイモに含まれる毒によるものです。

ジャガイモには炭水化物やビタミンなどの多くの栄養素を含んでいますが、微量の天然毒素も含まれています。

ソラニンチャコニンといった毒が、ジャガイモの芽に多く含まれていることはよく知られていますよね。

つまり、ジャガイモを食べたときの、苦味やえぐみ、ピリピリ舌をさす感覚はジャガイモの天然毒素が多く含まれたときに起こるものなのです。

しかも、ジャガイモの天然毒素は、ジャガイモの芽とその周辺だけに多く含まれているわけではありません。

ときどき、皮が緑色になっているジャガイモを見かけたことはありませんか?

ジャガイモは日に当たると皮が緑色になるのですが、この緑色になったジャガイモの皮や実の部分にも、天然毒素が多くに含まれています

ジャガイモの芽が出ていなくても、皮が緑色になっていると、苦味やピリピリの原因になるので十分注意してくださいね。

また、未熟なジャガイモもソラニンやチャコニンが多く含まれているため、苦味やピリピリの原因になるので気をつけましょう。

 

苦いジャガイモやピリピリする場合は食べない方がいい?

芽の出たジャガイモや緑色のジャガイモを調理すると、苦かったり、ピリピリしたりする場合が多いですよね。

芽が出たジャガイモや緑色に変色した部分には、ソラニンなどの天然毒素を多く含んでいるため、大量に摂取すると食中毒を起こす場合があります

食べたときに苦味やピリピリ感などがあるジャガイモは、調理の際にジャガイモの毒素が取り除かれていないということなので、食べないようにしたほうがいいですね。

食中毒の原因になるソラニンなどの毒素は、熱によって分解されません。

煮たり、茹でたりしても、苦味成分となる毒素を取り除くことができないので、調理する場合は、芽の部分を大きくえぐり取って皮を厚めにむくなどして、苦味が残らないようにしてくださいね。

また、取りきれないくらい芽がたくさん出ているジャガイモや、厚く皮をむいても中まで緑色になったジャガイモは、ソラニンなどの濃度が高すぎるので食べないようにしましょう

万が一、苦味のあるジャガイモをたくさん食べて、体調に異常を感じたときはすぐに病院に行くようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

ジャガイモによる食中毒の症状とは?

ジャガイモによる食中毒は、頭痛、嘔吐、腹痛、下痢、動機、耳鳴りなどの症状が出ることがあります。

ジャガイモを食べて2、30分から半日程度でこういった症状が起こることが多いですが、早ければ数分、遅いときは数日後に症状が出る場合もあります。

ジャガイモによる食中毒は軽い症状の場合も多いですが、ときには呼吸困難や意識障害などの重い症状が出る場合があるので注意しましょう。

特に、子供は大人と違ってジャガイモに含まれる有毒な成分が少量でも食中毒を発症してしまうことがあるので、十分気をつける必要があります

大人の場合はジャガイモに含まれる有毒な成分が200~400㎎、子供の場合は15.6~40㎎の量で食中毒を発症するとされています。

小さいお子様の場合は、少量でもジャガイモによる食中毒を起こす可能性があるので気をつけるようにしてくださいね。

 

ジャガイモが苦くならない保存方法は?

ジャガイモは冷暗所に保存していても、すぐ芽が出てしまったり、皮が緑がかったりすることがよくありますよね。

芽が出たジャガイモや緑色になったものは、苦味やピリピリ感が増えるだけでなく、有毒な成分も増えてしまうのでジャガイモを保存するときには十分気をつけましょう。

ジャガイモが苦くならないようにするための保存方法ついてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • ジャガイモは土をはらって、乾燥した状態で保存する。(皮がぬれていると腐りやすい。)
  • ジャガイモの保存に適した温度は7℃~15℃程度なので、涼しい場所に常温保存する。
  • 湿気がこもらないように風通しのよい紙袋や麻袋、ダンボールなどに入れて保存する。
  • 夏場の暑い時期は常温保存だと芽が出やすいので、冷蔵庫の野菜室に保存する。
  • 冷蔵庫の野菜室に入れる場合は、ジャガイモの乾燥を防ぐために新聞紙で包んで、数か所穴を開けたポリ袋に入れて保存する。
  • ジャガイモを保存するときは、日の光や蛍光灯の光が当たる場所は避ける。(光に当たると芽が出たり、緑色になったりして天然毒素は増える。)
  • ジャガイモを保存するとき、りんごを一緒に入れて保存するのがおすすめ。(りんごから出るエチレンガスがジャガイモの発芽を抑制してくれる。)

 

まとめ

ジャガイモを美味しく食べるためには、日光や蛍光灯の光に当てないようにして、上手に保存するように心がけましょう。

芽が出たジャガイモや、日に当たって緑色になっているものを調理する場合は、皮を厚めにむいて、じゃがいもの芽をしっかり取り除いて調理するようにしてくださいね。

調理した後でも、ジャガイモを食べたらピリピリする、苦味があるなどの場合はソラニンなどの毒素によるものなので、食べないようにして食中毒を予防しましょう。

 

-その他

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.