赤ちゃんの病気・トラブル

赤ちゃんの熱が38度・39度以上あるときの対処法!無理に下げない方がいい?

更新日:

赤ちゃんの熱が38度・39度以上出て、なかなか下がらない・・・

大人でも辛い高熱を、赤ちゃんが出してしまうと本当に心配になりますよね。

何とかして、早く熱を下げてあげたくなりますが・・・

実は赤ちゃんが苦しそうにしていなければ、解熱剤を使って無理に熱を下げない方がいいとも言われています。

「えっ、どうして熱を下げない方がいいの?」と思われるママさんもいるかもしれませんね。

そこで今回は、

  • 赤ちゃんの熱を無理に下げない方がいいって本当?
  • 解熱剤の使い方や注意点
  • 赤ちゃんの熱が38度・39度以上あるときの対処法

について、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの熱は無理に下げないほうがいい?

発熱は体を守るための防御反応

赤ちゃんはよく熱を出しますが、細菌やウイルスが熱を出しているわけではありません。

発熱は体の中の免疫細胞が総動員で、ウイルスや細菌の増殖を抑えるために闘って熱を出しているのです

発熱には、

  • 病原菌の増殖を抑える
  • 白血球の働きを活発にする
  • 免疫機能を高める

など、私たちの身を守るための防御機能の働きがあるのです。

高熱を出すことによって、病原菌の活動が抑えられ病気そのものを治してくれるんですね。

ですから、むやみに赤ちゃんの熱を下げてしまうと、細菌やウイルスが活発になりかえって病気を長引かしてしまいます。

 

熱が高いだけでは脳に障害は起こらない

赤ちゃんは熱が38~39度を超えるような高熱を出すことも珍しくありません。

ですが、さすがに40℃を超えると怖くなりますよね。

「あまり熱が高いと、頭がおかしくならない?」と心配になったりしますが、高熱が出たからと言って脳炎や髄膜炎になるわけではありません。

脳炎や髄膜炎は、ウイルスなど病原菌が脳内に侵入することによって、脳内に炎症を起こすものです。

高熱が続くと何か重大な病気?と思ってしまいがちですが、熱の高さだけでは病気の重さは判断できません。

熱が低いからといって軽い病気とは限りませんし、高熱だから重い病気とは限らないのです。

 

熱の高さより全身状態の観察が大切!

赤ちゃんに高熱が出たときに重要なのは熱の高さだけでなく、熱以外の症状や機嫌など全身状態をしっかり観察することです。

赤ちゃんが38度・39度の高熱を出した場合、ただの風邪による熱なのか、脳内に炎症を起こしているのか判断できませんよね。

その場合、熱だけにとらわれずに、赤ちゃんの全身状態意識状態を見るようにしましょう。

たとえば、

  • 顔色が悪い
  • ぐったりしている
  • うとうとすることが多い
  • 尿の回数が少ない
  • 水分が摂れない
  • けいれんがある

このような症状がある場合は、熱の有無に関係なくすぐに病院を受診するようにしましょう

万が一、けいれんを繰り返して、

  • 呼んでも返事をしない
  • 目の動きが乏しい
  • 意味不明なことを口走る

などといった意識障害を疑う状態があれば、すぐに救急車を呼んで医療機関を受診してくださいね。

また、熱が高いからと言ってすぐに解熱剤を使う必要はありませんが、赤ちゃんが辛そうにしているときや、水分が摂れないときなどは解熱剤を使いましょう。

 

解熱剤の使い方と注意点について

解熱剤は一時的に熱を下げるだけで、病気の治療薬ではありません。

私たちの身体は発熱することで病原体の活動を押さえようとするので、解熱剤の使用によってかえって病気を治りにくくしてしまうことがあります。

赤ちゃんの熱が高いとすぐに解熱剤を使いたくなりますが、熱でつらそうなときや、眠れない、水分が摂れないなどのときだけ使用するようにしましょう

解熱剤の使い方と注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

解熱剤の使い方

解熱剤を使ったのに、赤ちゃんの熱が全然下がらなかったということはありませんか?

解熱剤は熱が上がってくる途中で使っても、熱の上昇速度に負けてしまうので解熱効果はほとんどありません。

必ず赤ちゃんの熱が上がりきった状態で、解熱剤を使うようにしましょう

赤ちゃんの身体を見て、

  • 身体が小刻みに震える(悪寒がする)
  • 手足が冷たい

このようなときは、まだ熱が上がっている途中です。

熱が上がりきった状態になると、

  • 赤ちゃんの顔が赤らんでくる
  • 体の震えが止まる
  • 手足があたたかくなる

などの特徴が表れます。

赤ちゃんの熱が上がりきったのを確認した後、解熱剤を使うようにしましょう。

また、解熱剤の体温を下げる効果は1℃程度なので、熱の勢いが強いときは解熱剤を使っても平熱まで下がりません。

その場合、熱が1℃くらい下がっていれば薬の効果は出ているので、そのまま様子を見るようにしてくださいね。

 

解熱剤の注意点

解熱剤は使いすぎると、低体温や肝障害などの副作用がでることがあります。

他にも解熱剤は、

  • 体温が何度も上下することで、不快な寒気や震えなどが起こる。
  • 熱を下げることでウイルスや細菌退治が中途半端になり、治癒まで時間がかかったり、ぶり返したりする。
  • 解熱剤を使用するといったん熱が下がることから、医療機関への受診が遅くれる。
  • 痛みやだるさがなくなるので、赤ちゃんが遊び回って逆に体力を消耗する。

などの問題点も指摘されています。

できるだけ解熱剤の使用は控えるようにして、最低でも6~8時間以上間隔をあけて1日2回くらいを目安にして使いましょう。

また、生後3か月未満の赤ちゃんには体温が下がりすぎるため、解熱剤は使わないでくださいね

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの熱が38度・39度以上続くときの対処法

赤ちゃんは抵抗力が弱いため、熱が続くと肺炎などの合併症も起こしやすくなりますので十分注意が必要です。

赤ちゃんの熱が続くときは、しっかり水分補給をして安静に保つことが一番です。

ママが家庭でできるケアをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

熱が上がりきったあと涼しくする

赤ちゃんの熱が上がってくるときは、がたがたと体が震えたり、手足が冷たかったりします。

熱が上がりきるまでは、赤ちゃんの身体を温めてあげてくださいね。

赤ちゃんの顔が赤らんで、手足が温かくなってきたら熱が上がりきったサインなので、今度はしっかり冷やしてあげましょう。

服を薄着にしたり、布団を減らしたりして涼しくなるように調節してください。

また氷枕やアイスノン、冷たいタオルなどを使って、赤ちゃんが嫌がらなければ冷やしてあげてもいいです。

「首」「わきの下」「足の付け根の内側」などの太い血管が通っている場所を冷やすのが効果的ですが、赤ちゃんの体温が急に下がるような冷やし方は止めましょう。

必ず、体を冷やすときは短時間にして、赤ちゃんの様子を見ながらにしてくださいね。

 

熱性けいれんを起こしたら?

熱性けいれんは、38度以上の急な発熱を伴って起こすことが多いです。

熱が上がりきってしまえば熱性けいれんは起こしにくくなりますが、一度解熱剤で下がった熱がまた急に上がるときも起きることがあります。

もし赤ちゃんがひきつけを起こしたときは、あわてないで服をゆるめて身体ごと横に向けて様子を見ましょう。

熱性けいれんの症状は、

  • 意識を失って反応がない。
  • 手足をガタガタ震わせる。
  • 体をこわばらせて、手足が突っ張る。
  • けいれんは左右対称の動きをすることが多い。(非対称の場合は、てんかんの可能性がある。)

などです。

ほとんどの場合は5分以内でけいれんが治まりますが、治まりそうにない場合や、けいれんを何度も繰り返すときはすぐに救急車で医療機関を受診するようにしましょう

 

水分補給をしっかりする

赤ちゃんの場合38度・39度以上熱が何日も続くと、脱水症を起こしやすいので注意が必要です

熱が高いと、水分を摂らそうと思ってもなかなか飲んでくれないこともありますよね。

そんなときはジュース、スポーツドリンク、赤ちゃん用のアルカリイオン飲料、スープなど何でもかまいません。

赤ちゃんの飲みたがるものなら、何でもいいので飲ませるようにしましょう。

赤ちゃんにとって怖いのは、体の水分が足りなくなることです。

  • おしっこの量が少ない
  • 口の中や唇が乾燥している
  • 肌の張りがなくなっている
  • 泣いても涙が出ない

など、赤ちゃんに脱水症状が見られる場合はすぐに受診しましょう。

 

熱があるときの離乳食は消化のいいものを

熱があっても赤ちゃんに食欲があれば、いつもどおり食べさせてもかまいませんが、離乳食は消化のいいものにしましょう。

熱があるときは内臓も弱っているので、消化の悪い肉や脂肪の多い食品などは少し控えめにした方がいいですね。

もし、食欲がなければプリンやヨーグルトなどが食べさせやすいですが、無理に食べさせる必要はありません。

熱があるときは栄養のことは心配せずに、その分しっかり水分を飲ませましょう。

また、下痢がなければ多少冷たいものでも大丈夫ですが、下痢があるときは牛乳、ジュース、アイスクリームなどは、症状を悪化させることがあるのでなるべく避けてくださいね。

 

入浴は控える

熱が高く体力の弱っているときの入浴は、できるだけ避けるようにしましょう。

お湯でしぼったタオルで体を拭いてあげれば、赤ちゃんもさっぱりします。

洗面器にお湯を入れて、お尻だけ洗ってあげてもいいですね。

赤ちゃんの熱が38度・39度以上ある時は、発熱しているだけで体力を消耗しています。

お風呂に入るのは、少し熱が下がって元気になってからにしましょう。

熱があるときはたくさん汗をかくので、タオルなどで体をよく拭いてこまめに着替えさせてくださいね。

 

こまめに熱を測る

赤ちゃんの症状は進行が早いので、できれば1時間おきくらいに熱を測るといいですね。

熱が続くときは熱の経過を記録して、診察の際に先生に見せるようにしましょう。

口でいろいろ説明するより、赤ちゃんの状態が先生に伝わりやすいのでおすすめです。

 

まとめ

今回は、赤ちゃんの熱が38度・39度以上続くときの対処法や、解熱剤の使い方、注意点についてご紹介しました。

子供が小さいうちは、たびたび熱を出してしまいますよね。

赤ちゃんの熱が少しくらい高くても、機嫌がよくて水分がしっかり摂れていれば、あまり心配はありません。

無理に熱を下げないで、こまめに水分補給をして様子を見ましょう。

ですが、何日も熱が続いてなかなか下がらない場合は、合併症や感染症を起こしている可能性もあるので、早めに医療機関を受診してくださいね。

 

-赤ちゃんの病気・トラブル

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.