赤ちゃんの気になることや症状

赤ちゃんの頭の形はいつまでなら治せる?対処法はあるの?

更新日:

赤ちゃんの頭は柔らかく変形しやすいので、どうしても気になりますよね。

ずっと仰向けに寝ている子は絶壁頭のようになってしまうし、気がついたら片側の頭だけ「ぺったんこ」になっていることも・・・

赤ちゃんの頭の形を治すためにドーナツ枕を使ったり、向き癖を治すためにバスタオルを使ったりされているのではないでしょうか?

赤ちゃんの頭蓋骨は柔らかいので、ママが早い時期に気付いてあげれば頭の形は治すことができます。

ですから、できるだけ早いタイミングで赤ちゃんの頭の歪みに気づいてあげることが大切ですね。

そこで、今回は赤ちゃんの頭の形はいつまでなら治せるのか、その時期や対処方法について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの頭の形はいつまでなら治せる?

赤ちゃんの頭の歪みは、1歳くらいまでに矯正されなければ大人になっても残ると言われています。

具体的には、赤ちゃんの頭の形はいつまでなら治せるのでしょうか?

頭蓋骨が固まるまでは頭の歪みが治せる

赤ちゃんの頭蓋骨は前頭骨、頭頂骨、後頭骨など骨がいくつか組み合わさっていますが、隙間があってまだ骨化していません。

まだ骨がくっついていない状態なので、赤ちゃんの頭は大人に比べてとても柔らかく変形しやすいのです。

赤ちゃんの大泉門(生え際から少し上がったあたり)のプヨプヨしている部分を触っただけでも、骨がつながっていないのがよく分かりますね。

頭蓋骨が固まるまでは赤ちゃんの頭の形は変形しやすいですが、逆に言うと変形しやすい時期でないと頭の形は治すことができません

 

2歳くらいまでには頭蓋骨は固まってしまう

頭の骨がほぼ癒合するのは1歳くらいですが、実際には生後7~8ヶ月ぐらいから赤ちゃんの頭の骨が固まり始めます。

個人差はありますが、大きな骨のつなぎ目の大泉門が閉じる頃(2歳位まで)には頭蓋骨はしっかり固まってしまいます。

この頃になると、変形した頭の形はほとんど戻らなくなってしまいます。

 

赤ちゃんの頭の形を治すのは早い時期に!

赤ちゃんの頭は、ちょうど粘土と同じです。

柔らかいうちは形を変えるのも簡単ですが、固くなってくると形を変えるのが大変ですよね。

頭の骨も固くなり始めると、修正しようと思っても時間もかかってしまうし、だんだん難しくなってきます。

ですから、頭の歪みを治すならできるだけ頭蓋骨が柔らかい時期に、早ければ早いほどいいということが言えます。

頭の形が少しくらい歪んでいても、大きくなったら目立たなくなったという話もよく聞きますが、一度ひどい癖がついてしまうとなかなか取れないのも事実です。

「そのうち自然と治るから・・・」

そう言われて、何も対策をしなかったらますます変形したという場合も。

癖がひどくなるのは、不思議と早いものです。

できるだけひどい癖がつかないように、ついてしまった癖が少しでも改善するように、早いうちから対策をとった方がいいですね。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの頭の形を治すための対処法とは?

頭がゆがむ原因に、赤ちゃんの向き癖が大きく関わっています。

赤ちゃんは長い時間寝ていることが多く、頭に部分的に圧がかかり続けることで頭のゆがみが起こります。

まだ寝返りが打てない、特に首が坐る前の3~4ヶ月までの赤ちゃんに多く見られるのはそのためです。

普通はお座りができるようになると頭への圧力が減ってくるため、少しくらいの変形は自然に治ってきますが、ひどくなってからでは修正が大変です。

赤ちゃんの頭に、しかも同じ場所に継続的に圧力がかからないようにすることが大切です。

赤ちゃんの頭の形を治すための対処法をまとめましたので、早いうちからぜひ試してみてくださいね。

赤ちゃんの頭の形を治すための対処法

  • 向き癖とは反対側に向けて寝かせ、肩の下に丸めたタオルなどを入れる。(下側になる腕を体の下敷きにしない。)
  • 向き癖防止枕や、クッションを使って体を少し斜めにする。
  • ドーナツ枕を使ってみる
  • 母乳やミルクをあげるとき、赤ちゃんの頭の向きを変える。
  • 抱っこ紐などで、赤ちゃんを縦抱きにする
  • メリーやモービルなどの位置を変えて、反対に向くようにする。
  • 頭の位置を、少しずつ角度を変えながらずらしていく。(向き癖防止のため。)
  • 赤ちゃんの起きている時間を増やす。(長い時間寝かし続けない。)
  • 赤ちゃんをうつ伏せにする。(「乳幼児突然死症候群」など窒息の危険があるので、必ず親の監視のもとで行う。)
  • ベビーベッドの向きを変える。(赤ちゃんはドアの方に向く傾向にある。)
  • 向いてほしい方向におもちゃを置いて興味を引く。
  • 赤ちゃんが、長時間同じ方向を見ないような工夫をする。
  • 抱っこをする時間を増やす。(抱っこやお座りさせて、頭にかかる圧を軽くする。)
  • 抱っこをするとき、赤ちゃんの頭の向きを変える。(いつも同じ向きだと、同じところに圧がかかってしまう。)
  • 赤ちゃんに反対側から声をかけたり、おもちゃなどで呼びかけたりする。
  • 添い寝をする場合、向き癖がつかないようにママの寝る位置を時々変える。
  • ベビーカーで、長時間寝かせておくことは避ける。

 

赤ちゃんの向き癖と勘違いしやすい2つの病気とは?

1.  筋性斜頸(きんせいしゃけい)

赤ちゃんの向き癖と勘違いしやすいものに、筋性斜頸という病気があります。

首の筋肉にこぶのようなしこりができているため、しこりとは反対側にいつも向いています。

しこりは生後数日からでき始め、3週間ぐらいで最も大きく(大人の親指くらい)なります。

生後1ヶ月を過ぎると、しこりはだんだん吸収され小さくなって、1歳くらいまでに治ることがほとんどです。

筋性斜頸があると、片側だけ向いて寝てしまい頭の形が変形しやすいので、バスタオルなどでしっかり向きを変えてあげましょう。

 

2.  先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)

他にも、「先天性股関節脱臼」が原因で、赤ちゃんの向き癖がついている場合があります。

先天性股関節脱臼の場合、脱臼している足を下にすることを嫌がるので、脱臼していない方ばかり向くようになります。

向き癖と反対側の脚の開き具合が悪い、または動きが硬いなど気になる点がある場合は早めに医師に相談をしてみましょう。

 

まとめ

今回は赤ちゃんの頭の形が治せる時期や、対処方法について詳しくご紹介しました。

赤ちゃんの頭の形を気にされているママは多いですが、お医者さんに相談しても「大きくなれば目立たなくなるから心配ない」と言われることがよくあります。

確かに、赤ちゃんのときは頭の形が変だったのにいつの間にか、きれいに丸くなったという話も聞きます。

でも、なかには髪の毛が伸びて目立たなくなっているだけで、頭が変形している人はたくさんいますよね。

頭に歪みがあるのに何も対策をとらなければ、もっとひどくなる可能性を高めてしまいます。

赤ちゃんの月齢が進み、寝ている時間が少なくなると頭の形を治すのが大変になりますが、後で後悔しないためにもできるだけのことはしてあげたいですね。

 

-赤ちゃんの気になることや症状

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.