赤ちゃんの気になることや症状

赤ちゃんの頭皮がむける!カサカサ・うろこのトラブル対処法

更新日:

赤ちゃんの頭皮がむけるとき、どう対処したらいいのか困ったことはありませんか?

頭皮のカサカサや、うろこ状のかさぶたなど頭皮のトラブルはとても多く、ほとんどの赤ちゃんが経験しますよね。

つい気になって触りたくなりますが、無理にかさぶたをはがしたり、強い刺激を与えたりすることはよくありません。

赤ちゃんの皮膚は薄くとても傷つきやすいので、それぞれの状態にあった適切なケアが必要です。

では、とてもデリケートな赤ちゃんの頭皮を、どのようにケアをしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、赤ちゃんの頭皮がむける原因や、カサカサ、うろこ状のかさぶたなどの頭皮トラブルについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの頭皮がむける2つの原因

赤ちゃんの頭皮がむける主な原因は、乳児脂漏性湿疹乾燥性湿疹によるもので、これらは乳児湿疹と呼ばれるものです。

乳児湿疹は、新生児期から乳児期にかけてみられる湿疹の総称で、カサカサ、ジュクジュク、ぶつぶつなどタイプもいろいろです。

新生児から生後3ヶ月くらいまでは、過剰な皮脂分泌によって起こる乳児脂漏性湿疹が主な原因になります。

まずは、乳児脂漏性湿疹の特徴や対処法、頭皮にかさぶたができたときのケア方法をご紹介します。

1.  乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんに起きやすい肌トラブルの一つです。

生後3ヵ月頃までの赤ちゃんは、胎児のときにもらい受けた女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多くなり、脂漏性湿疹を起こしやすくなります。

乳児脂漏性湿疹は体にはできずに、頭や眉毛あたりにフケのようなかさぶたができます。

乳児脂漏性湿疹は正しいスキンケアをしてあげれば、自然と治ることが多いのであまり心配はいりません。

でも、肌のバリア機能が弱い赤ちゃんは、かさぶたが取れてジュクジュクしたり、バイ菌が入ったりなどの肌トラブルを起こすことがあります。

乳児脂漏性湿疹の主な特徴は、

  • 頭皮や眉毛の中、おでこや頬などに黄色いかさぶた状の湿疹ができる。
  • ひどい場合は頭皮が黄色いかさぶたで覆われ、うろこ状になってかさぶたがむける。
  • 皮脂と頭皮の汚れが固まってかさぶたになると、シャンプーしてもなかなか取れない。

などの症状があります。

 

【乳児脂漏性湿疹の対処法】

乳児脂漏性湿疹は赤ちゃんの肌を清潔に保つことが大切なので、軽い場合は自宅でお手入れしながら様子を見ていても大丈夫です。

入浴時にシャンプーやベビー石鹸を使って、余分な皮脂や汚れをきれいに洗い流すようにします。

頭皮や眉毛の中にかさぶたや脂の塊が見られる場合は、入浴前にベビーオイル(低刺激の無香料・無着色)などをつけて柔らかくしてから、ベビー石鹸でよく洗い流しましょう。

入浴の15~30分前に、オイル塗って時間を置くとかさぶたが取れやすくなりますよ。

このとき、かさぶたは絶対に無理にはがしたりせず、くるくるマッサージするようにして優しく洗い流すようにしてくださいね。

赤ちゃんが脂漏性湿疹で頭皮にかさぶたができている場合は、次の点に注意してケアしましょう。

 

【乳児脂漏性湿疹の頭皮ケア方法】

湿疹を引っかいて肌を傷つけないように、赤ちゃんの爪を丸く短く切っておきましょう。(赤ちゃん用の紙やすりなどを使うと便利です。)

シャンプー、ベビーソープは刺激のないものを選んで使用してくださいね。(全身用シャンプーでは、頭皮に付着した皮脂の取れが悪いので、頭用のシャンプーを使いましょう。)

入浴後は脂分もとれているので、肌を乾燥したままにしていると再びトラブルの原因になってしまいます。

そのままにしないで、ベビーローションなどで必ず保湿するようにしてくださいね。 

乳児脂漏性湿疹でもかさぶた状の湿疹が厚くなったり、細菌感染を起こして頭皮が赤くなったりした場合は、早めに小児科や皮膚科に受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

 

2.  乾燥性湿疹

赤ちゃんの肌は生後3ヶ月過ぎると、だんだん脂っぽい肌から乾燥肌に代わってきます。

それまで大量に分泌されていた皮脂が低下するため、肌だけでなく頭皮も乾燥し始めてかさかさしたり、フケのように皮がはがれ落ちたりします。

新生児期は過剰な皮脂の分泌で悩まされていたのに、いつの間にか乾燥肌に変わってしまいます。

乾燥性湿疹の主な特徴は、

  • 肌がカサカサして皮膚がはがれ落ち、ひび割れや赤み、かゆみなどの症状が出る。
  • 赤ちゃんの頭皮に、フケのようなものがたくさん出ることもある。
  • 皮膚の乾燥が進むと湿疹、赤み、かゆみがひどくなる。
  • 肌の乾燥状態が続くと、バリア機能が弱いためアトピー性皮膚炎のリスクが高まる。
  • 乾燥する冬は特に症状が重くなり、夏にかけて軽くなる。

などの症状があります。

 

【乾燥性湿疹の対処法】

赤ちゃんの乾燥性湿疹は、とにかく保湿することが大切です。

デリケートな赤ちゃんの肌はとても傷つきやすく、肌の洗いすぎや、かきむしりは皮膚のバリアを壊してしまいます。

頭皮も乾燥するとかゆみを伴ってくるので、普段からしっかり保湿するようにしましょう。

ただし、湿疹や皮がむけかけていたり、軽い炎症を起こしていたりしているところに直接、保湿剤を塗るとかえって悪化することがあります。

まずは、湿疹を治療薬で治してから保湿剤を使うようにしましょう。

赤ちゃんに乾燥性湿疹の症状がある場合は、次の点に注意してケアしてくださいね。

 

【乾燥性湿疹の頭皮ケア方法】

頭皮が乾燥している場合は、ローションタイプの保湿剤を使って、ママが指先に少しずつ取って地肌にすり込むようにします。

乾燥性湿疹の場合は洗いすぎると、皮膚のバリアを壊してしまいそこから水分が蒸発して乾燥肌になるので洗いすぎに注意しましょう。

入浴時間が長いと肌が乾燥するので、15分以内に済ませるようにするといいですね。

お風呂上がりは優しくタオルで乾かした後、なるべく早く保湿剤を塗るようにしましょう。(できれば3~5分以内に)

赤ちゃんのかゆみがひどい場合は、一度かかりつけの小児科や皮膚科を受診しましょう。(かきむしって、とびひを引き起こすこともあります。)

 

赤ちゃんの乾燥肌はアトピー性皮膚炎のリスクを高める

赤ちゃんの肌は乾燥させると、アトピー性皮膚炎のリスクが3割高くなると言われているのをご存知ですか?

正常な肌は角質層を含む皮膚がバリアとなって、細菌やアレルゲンの侵入を防ぎ、内部の水分の過剰な流出を防いでくれます。

ところが、肌の乾燥が続くとバリア機能が弱まって、アレルギーの原因となるアレルゲン(異物)が肌に侵入しやすくなってしまうのです。

つまり、乾燥したカサカサ肌はアトピー性皮膚炎になりやすいということです。

赤ちゃんの頃から保湿剤を塗って、肌を乾燥させないようにすることはとても大切なことですね。

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の区別は、医師でも判断が難しいと言われています。

少し様子を見ながら、症状がひどいようであれば早めに病院を受診するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、赤ちゃんの頭皮がむける原因や対処法についてご紹介しました。

赤ちゃんの頭皮がむける時期は、どうしても気になって触りたくなりますよね。

特に、うろこ状のものができると見た目もよくないし、ついついはがしてしまうママも多いものです。

ですが、頭皮をこすったりかさぶたをはがしたりすると、皮膚に刺激を与えてかゆみなどを引き起こすこともあります。

赤ちゃんの頭皮は思っている以上に傷つきやすく、髪の毛も抜けやすいので自然に取れるまで触らないようにしましょう。

 

-赤ちゃんの気になることや症状

error: Content is protected !!

Copyright© ママの豆知識 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.